人気ブログランキング |
やっぱりサイフォンが好き!
f0122159_2334455.jpg

ハンドドリッップよりもサイフォンが好き。
それはたぶん、
サイフォンという珈琲器具を使って本格的な珈琲を作っているという自己満足に過ぎないのかもしれないね。

今回の「コーノ式アドバイザー試験」で、
ワタシが唯一、満場一致の最高得点で合格した項目がこの「サイフォン」でした。
思い返してみると、
珈琲塾で初めてサイフォンを習った瞬間から、不思議とサイフォンは得意でした。
塾長も当初からワタシのサイフォンは常に褒めて下さり、
それが嬉しくて、何度も何度も塾長の前でサイフォンを淹れてたように思います。
褒められるとシッポをブンブン振りまくるイヌのように、ね(笑)。

f0122159_23345863.jpg

ランプで温められた湯がロートに上がったら、湯の上に浮いた珈琲粉を竹べらの面を使って押し下げるように「湯」と「珈琲粉」をなじませます。すぐに竹べらでグルグルっと撹拌。
左に4回、右に4回、更に左に8回(実際には数えていない)といった具合に手先と身体の感覚でリズミカルに、
更にロートの中の液体が滑らかに動くよう撹拌するのがワタシ流。
上手に撹拌出来ると「珈琲液」「珈琲粉」「泡(珈琲のアク)」の三層が浮かび上がって来ます。
f0122159_2335157.jpg

珈琲液と共に、きめ細かな金色の泡がシュワ〜っと勢い良く落ちてきたら「美味しく出来たよ!」というサイン。

サイフォンで淹れた珈琲はスッキリし過ぎてしまう、と思われがちですが
コーノ式のサイフォンで淹れた珈琲にはしっかりとした風味があります。
熱々を「ふーふー」しながらまずは一口。。。少し落ち着かせてからまた一口。。。珈琲の味が次第に舌で感じられるようになり。。。という「温度と味わいの変化」が好き。
そして何よりもこの器具が好き。手をかけている、という感覚が大好き(笑)。
by pugslife | 2008-04-04 00:38 | コーヒー・ジャンキー
<< 横浜市都筑区 「甘味処 つくし」 アフタヌーンティ・ルーム >>