バルセロナ旅行記vol.11 09.20
f0122159_19563938.jpg

滞在9日目ですね〜、早いもんです。
今日の観光はは、ガウディの処女作というカサ・ビセンス(世界遺産)から始めますよ〜っ。
こんなモデルニスモ・ルートのタイルがあったとは、ここに来るまで気がつかなかったなぁ。


f0122159_19565055.jpg

建築主がタイル業者だった為か、タイルがふんだんに使われているカサ・ビセンス。
当時、隣にあった修道院の壁があまりにも汚かったため、ガウディはカサ・ビセンスを修道院の壁を覆う草に見立てて設計したそう。タイルには緑や草花模様が多用され、フェンスや柵にも動植物の造形がうかがえる造りになっています。

そんなカサ・ビセンスの全景を写したいと頑張りましたが。。。


f0122159_1957254.jpg

このミラーが邪魔なんです。
どっからどう撮っても、このミラーが全てをぶち壊しているように感じ、全景写真は一枚も撮っていません。いま思えば、ミラーの存在などなんてことないんですが(笑)、この前に立った時には何故かダメだと思っちゃったんですよね。。。

あ。ミラーにAちょんとワタシがっ!


f0122159_19572022.jpg

。。。なもんだから、カサ・ビセンスは部位ごとに撮影していますね、ワタシ(笑)。
実はこちら、現在は個人住宅のため、内部を観覧することは出来ません。
静かな住宅街にひっそり佇む世界遺産ですので、撮影も遠慮しながらになりました。
ホントに静かなのよ、ひっそりしてるの。


f0122159_22301089.jpg

朝のお散歩でしょうか?老夫婦の後ろ姿が印象的でした。このレストランのロゴと壁の色が絶妙で、思わず撮影しました。


f0122159_19573055.jpg

張り出したバルコニーの裏面や、窓枠の淵にも、凝った細工が施してありますね。。。


f0122159_1957397.jpg

いちいち凝った造りです、いちいち。本当に芸が細かい。。。
こんな植物、日本でも良く見かけますよね。なんて言うんでしたっけ?


f0122159_19575050.jpg

この窓の造りがとても興味深かった。ガウディは絶対に職人泣かせだっ。


f0122159_1958141.jpg

可愛いよ〜キュートだよ〜お茶目だよ〜!!
。。。って、このコはなんだろう?なんとも表情豊かな。。。コウモリ?トカゲ?
何度も言うようですが、本当に芸が細かいです。だからこそ「今」があるんですね。。。


f0122159_2229453.jpg



f0122159_22295697.jpg



f0122159_2230218.jpg



f0122159_1958088.jpg

フォンタナ駅から徒歩5分。キャロライン通りという静かな住宅街にあります。
内覧は出来ませんが、ここまで見に行く価値は十分にありますよ。

さて。次はどこに行きましょうかね?地下鉄を乗り継いで向かった先はこちらっ!


f0122159_19582978.jpg

カタルーニャ音楽堂(世界遺産)です。
バルセロナっていいですね〜。地下鉄を乗り継いだだけで、世界遺産のハシゴが出来るんですから(笑)。

このカタルーニャ音楽堂は、サン・パウ病院やカサ・リュオ・モレラ(グラシア通り ロエベの店舗)と同じく、ドメネクの設計による建物です。
オルフェオ・カタラン合唱協会の依頼を受け、1908年に建設されたそうです。
周囲の道路状況が狭小なため、この建物もまた全景を写すことが出来ません。


f0122159_19584974.jpg

これこれ。この柱のタイルが綺麗なんです。とってもデコラティブなんだけど、不思議と繊細さも感じます。
なんといっても色彩が見事。


f0122159_1959020.jpg

なかなか良いアングルで撮影出来なくってね〜。あぁもうっ、街灯が入ってるしっ!


f0122159_19591257.jpg

周囲の雰囲気です。サーモンピンクの壁にモザイクタイルの色彩が映えます。


f0122159_19593347.jpg

カタルーニャの守護聖人サン・ジョルディの彫刻が見事ですね。圧巻です。


f0122159_19594422.jpg

周囲の状況です。道路が狭いため、観光客達は皆、音楽堂の真下から真上を見上げる姿勢で観光します。
これがまた首が疲れてね。。。(笑)。


f0122159_19595871.jpg

内部を覗き込むご夫婦。
分かりますよ〜、内覧したいですよね〜。ツアーに参加すれば、内部の造りを観ることも出来るんですって!
この音楽堂で開催されている「オペラ・フラメンコ」なるプログラムを観ようかと迷いましたが、オペラを観に行く服装は持ち合わせていなかったので断念しました。
いま思うと、せめて内覧ツアーには参加すれば良かったかな〜って。
まぁ、いつか再訪することがあったら、その時にはぜひ!と思っています。


f0122159_2001132.jpg

カタルーニャ音楽堂から徒歩でダラダラ歩いて10〜15分?
教会に出ました。なんでを大きくしたかってーと、ワタシもAちょんもこの場で同時に職場の方を思い出したから(笑)。韓流スター「ピ(レイン)」のファンなんですね。
正式名称はサンタ・マリア・デル・ピ教会です。
教会前の広場で開催されている小さなマーケットを冷やかしつつ。。。


f0122159_2002586.jpg

だらだらと歩いてカテドラルに出ました。ここも滞在中に何度となく通った場所ですね〜。修復中の柱がちょっと残念。このカテドラルを正面にし、目線を左に移すと。。。


f0122159_2003721.jpg

サンタ・カタリーナ市場が見えます。残念ながらこの日は日曜だったため閉店でしたが。。。
そう、ワタシ達は「日曜」にバルセロナに居たことで、残念な思いを何度かしましたよ。
美術館・博物館・商店など、日曜は午前中のみの営業または閉店ってことが多いです。
後にAちょんと、日曜こそ郊外の街へ行けば良かったかもね〜って言ったりしたもんです。


f0122159_2004832.jpg

「市場は閉店、残念だわね〜」と気を取り直してカテドラル前に戻ったところ、ワタシ達の前に突然チャリンコ集団がっ!


f0122159_20102.jpg

来るわ来るわ、集まる集まる。いきなり目の前でチャリを一斉に止め。。。


f0122159_2011567.jpg

一斉に振り返る(笑)。
そうです。チャリで観光している集団なんですね。チャリ観光は色んなツアー会社が催しているらしく、この後も何度もチャリ集団に出合うことに。。。


f0122159_2012894.jpg

輪(りん)タク?が、出番待ちしてるの?こんな乗り物も、ここでは沢山見かけましたよ。
乗ってみると案外楽しいかも?


f0122159_202645.jpg

日曜日のカテドラル前は、地元衆と観光客でごった返し。。。
あ。真ん中あたりに写ってらっしゃる「おじさん」。短パンに革靴、ハイソックスですか。。。(笑)。


f0122159_2022413.jpg

そんな人混みの中で、辺り構わず思いっきりハジケる男の子。ボールを蹴るのに夢中です。
もの凄く夢中でした。可愛いね〜。


f0122159_2023463.jpg

はい、またしてもチャリ集団です。さっきの団体とは別ものです。
なぜかいつもワタシらの目の前の景色を遮る集団ですよ、ええ。


f0122159_2024695.jpg

来るわ来るわ 集まる集まる
あんたら一体何台で行動してんの?


f0122159_2025798.jpg

退いて見てみると、うわっ、すげ〜(笑)。20台近くの集団でしたねー。と笑っていたら。。。


f0122159_2031141.jpg

その前を通過する、さきほどの「輪(りん)タク」(笑)。いよいよ出番ですかっ!頑張って下さい!!

とまぁ、カテドラル前は地元衆と観光客でもの凄い混雑。どこを見ても人・人・人!


f0122159_2032016.jpg

後ろを振り返ると、ハデなスーツを召したツアーガイドさんと観光客が到着しました〜。
観光客の、妙に神妙なこの表情と立ち姿がツボにハマった(笑)!


f0122159_2034625.jpg

ふと視線を移すと、またしても不振な行動をする集団が。。。!
皆さん、この場で靴を履き替えていますよ(笑)。なんでかな〜?


f0122159_2033394.jpg

よくよく見てみると、この靴を履いている方が周囲にたくさん!しかも皆シルバー世代なんです。
どうやらこの靴を履いてカテドラル前に集まるのが定例になっている様子で、(仲間の)人数分の紙袋を下げ、この場にやって来る「おばさま」も。
「この前ね〜箱根に行って来たのよ〜。ちょっとだけどお土産よ〜」なんてことを言いながら?仲間達に配り歩いています。貰った方も「あら〜、こんなに気を遣ってくれて。。。いつもいつも悪いわね〜ぇ」なんてことを絶対に言っています(笑)。


f0122159_204077.jpg

箱根の土産を下げた「おばさま」。黒い紐だったり白い紐だったり、いろいろです。
そう。日曜日はこの場に集まり、カタルーニャの伝統舞踊「サルダーナ」を踊る人達の輪が出来るといいます。
それは日本でいうところの「盆踊り」だったりするのかもしれませんし、「ゲートボール」を楽しむシルバー世代の娯楽だったりするのかもしれません。
せっかくだからとダンスが始まるのを待っていたのですが、待てど暮らせどダンスが始まる気配がありません。
このダンスシューズを履いている方々はたくさん見かけたのですが。。。あまりにも観光客が多く集まったため、踊るのを断念してしまったのでしょうか?残念〜!


f0122159_2041385.jpg

ダンスが始まる様子がまったくないので、気を取り直してショッピングです。
散歩がてらゴシック地区界隈を歩き回り、Oroliquido(オロリキッド)というお店に入りました。オリーブオイル製品を扱っているお店です。
小瓶に入ったオイルは、お土産用や食卓用にちょうど良いサイズ。いろいろ迷いましたが、ワタシはここで、姉宅とワタシ宅用の缶入りオイルを買いました。
食用のオイルだけでなく、石鹸やスキンケア用品、可愛らしくラッピングされたセットもありましたよ〜。

さて。荷物が増えたことですし、いったんホテルに帰って荷物をおろしましょう。


f0122159_204257.jpg

ホテルで荷物を降ろし、これからどこへ行こう?と検討した結果、日曜の今日は開いてる美術館・博物館がないことに気づく(笑)。遅すぎだよね〜、気がつくのがさ〜(笑)。
っていうか、毎日が「観光(日曜)」という感覚でいたので、実際に日曜になったことに気がつかなかったのかも(笑)?が、スペイン村なら休日の今日でも深夜まで開いていることに気がつき、地下鉄を乗り継いでスペイン村を目指しました。

地下鉄エスパーニャ駅で降り、地上に上がって来ると。。。カタルーニャ美術館が見えます。
バルセロナに着いた当日、空港からのリムジンバス内から初めてこの建物を見たときは度肝を抜かれたもんです。あまりにも立派な建物と、その前に広がるスペイン広場が広大に見えて。。。


f0122159_2045056.jpg

カタルーニャ美術館。午後は既に閉館していました(大泣)。
ロマネスクの分野では世界有数のコレクションを誇るといいますし、中でもピレネー山麓各地から移された壁画は、もとの聖堂にあった構造をそのまま忠実に再現しており、作品本来の意義をよりよく理解しながら閲覧できるそうです。

膨大なコレクションを観賞するには時間にゆとりを持って訪れたいですね(地球の歩き方のウケウリ)。次の機会にはぜひっ!


f0122159_205131.jpg

さて、スペイン村を訪れたワタシ達を待っていたのは、なんとも侘(わび)しく寂(さび)れた作り物の街並でした(笑)。想像はしてたけど、これまでとは。。。(笑)。
撮影した写真はどれも面白味に欠けるものばかりなのですが、それではあまりにも寂しすぎるので、
スペイン村の奥にある高台のような所から「カタルーニャ美術館」を。
修復中のネットが残念ですが、ここから眺める美術館の裏側はちょっと面白かったかも。


f0122159_2051323.jpg

旧市街に戻ってきたワタシ達。
グラシア通りの大道芸人やイヤゲ物(貰ったら迷惑な土産物)を冷やかしつつ、ぶらぶらとバルセロナの街を楽しみまして。。。


f0122159_23354234.jpg

雨宿りです(笑)またしても雨にヤラれました。
とっさに入ったレストランで、それぞれサングリアとパエリアを頂きました。
フィゲラスで食べたパエリアの足下にも及びませんでしたが、ここはグラシア通り、観光客向けの店ですからね。仕方ないっちゃー仕方ない(泣)?。
まぁ、そこそこの値段で雨宿りしながら腹も満たせましたしね、良かったんですよ、これで(笑)。

なかなか止まない雨に気をもみ、小走りで地下鉄駅へダッシュ!
毎晩の定例になった、バルコニーでのビールとタバコを楽しみ、就寝しました。
明日はバルセロナ最後の日だね。。。と早くもこの街を名残惜しみながら。。。

滞在9日目は、モデルニスモ建築とカテドラル前の人間観察が楽しい一日でしたっ!
[PR]
by pugslife | 2009-10-11 23:49 | 2009年 バルセロナ
<< バルセロナ旅行記vol.12 ... バルセロナ旅行記vol.10 ... >>