coffee press
f0122159_1965146.jpg

コーヒーメーカーのない職場やアウトドアでも美味しい珈琲が飲みたい。
そう思っているそこのあなた、コーヒープレスという器具をご存知かい?
f0122159_197419.jpg

かなり粗めに挽いた珈琲豆を20グラム(個人差:20グラムはワタシ好みの量)用意して。。。
f0122159_1971718.jpg

熱湯を一気に注ぐ。。。
f0122159_1915273.jpg

平な面のあるヘラで粉とお湯を十分に馴染ませた後、ぐるぐるっと撹拌する。
f0122159_1972979.jpg

撹拌が上手に出来ると、泡・粉・お湯の三層が浮かび上がってくる。
蓋をして、待つこと4分。。。


f0122159_1974776.jpgプレスの取っ手をゆっくりと押し下げる。
微粉が混じった珈琲液がカップに出ないよう、静かに上澄みだけを注いで頂きましょう。
う〜ん。。。
どろ臭い(笑)!
いやいや、プレスという器具の構造上、どろ臭いコーヒーになってしまうのは仕方ないこと。それを如何に美味しく淹れるか?将来、珈琲屋を目指す者としては、一般人よりもこうした器具については詳しくありたい。プレスでも美味しく淹れる方法はあるんだよ、とアドバイスなんぞ出来たらな、と。
f0122159_19143645.jpg

プレスは珈琲豆の成分を丸ごと抽出しきってしまう(アクや雑味)ため、どうしたってどろ臭い珈琲液になってしまうのだ。でも不思議だ。何度か淹れて飲んでるうちに、これはこれで良しと思ってくるのだから。。。
珈琲豆の成分がすべて出きっているため、ある意味味わい深いというか。。。厚みのある味わいだ。オフィスで飲むには重たいが、珈琲なんぞ望めないようなアウトドアでコレを飲んだら、非常に美味しく感じるのではないだろうか?

珈琲にも、T・P・O、ケース・バイ・ケースがあるんだね♪
[PR]
by pugslife | 2009-01-24 20:05 | コーヒー・ジャンキー
<< スネオさんと一緒 二子玉川でバーゲン&贅沢ランチ >>