タグ:たぶん日記 ( 55 ) タグの人気記事
ある晴れた週末のドライブコース。
f0122159_22382661.jpg

ある晴れた週末。東京タワーを眺めながらドライブ。。。


f0122159_22383913.jpg

葛飾の立石バーガーを経由。。。


f0122159_223850100.jpg

当然、スカイツリーをも拝むことになる、というドライブコース。
新旧異なる美しさに感嘆。


[PR]
by pugslife | 2010-07-13 22:47 | たぶん日記
五反田のK東病院へ転院〜ディナゲスト初日
f0122159_23555215.jpg

人生初の気胸を発症してから2ヶ月が過ぎた。まだ2ヶ月だ。もう何年も過ぎているように感じているが。。。苦笑。

この2ヶ月の間に婦人科の検査をしたのだが、左側の卵巣に5センチ程度の水疱があるくらいで、他に悪い要素は見つからなかった。3種類の腫瘍マーカーはどれも正常値だし、CTやMRIにも悪い影は何も写っていないそうだ。
ただ、卵巣に出来た水疱は手術適応の大きさに育ってしまっているとのこと。世田谷の病院は内視鏡手術の適応がない(婦人科)ので、これを機に、健康保険組合の冠となっている五反田のK東病院へ転院することにした。

K東病院・婦人科にて、エコーによる診察と持参したMRIの写真などを重ね合わせた結果、腹腔鏡手術を勧められ、その場で予約を入れて来た。手術は非常に込み合っていて、早くても9月末になるそうだ。それでも幸いなことに、夏期休暇が取れるぎりぎりの期間。迷わず、間髪入れずに「お願いします」と言っていた。

卵巣に出来た水疱自体に緊急性はないが、生理の周期で肺に穴が開く以上、腫瘍マーカーの数値が正常の範囲内でも内膜症を疑います。と担当のK藤先生。
手術までの3ヶ月間、内科的アプローチとして「ディナゲスト」を服用することになった。
そう、ホルモン剤です。更年期障害のような副作用が心配だったりするのだが、世田谷の病院では内科的アプローチは一切なかったので、逆に新鮮な感じ(苦笑)。
そう、これが治療ってもんよ(苦笑)。

ディナゲストを飲み始めるのはタイミングが肝心なのだが、幸か不幸かワタシはこの日、診察台の上で生理を迎えたのだ(笑)。しかも先生に指摘されるまで気がつかなかった(笑)。
あぁ、恥ずかしい!
でも、これが先生の気持ちを動かしたのだ。生理が始まったばかり=ディナゲスト服用開始時なのだから。
「手術までの期間、試しに飲んでみい?」って、提案し易かったのだろう。

ディナゲスト服用初日の今日。たった1日で副作用なんて。。。って侮っていた。
左の胸(リンパの辺りかな?)が猛烈に張っている。筋肉痛?ってくらい。
ピクノジェノール&コエンザイムQ10は更年期障害にも効くことで有名、しかもディナゲストと飲み合わせても大丈夫とのことなので、サプリはこのまま続けてみるつもりだ。

多少の更年期障害が出ても、それで肺に穴が開かずに済むなら。。。!
飲む薬やサプリが増えたとしても、出来る限りギリギリの所まで、肺に外科的アプローチはしたくない。
あと数年で閉経を迎える年齢なので、なおさらだ。

月経随伴性気胸は、近年、罹患者数が急激に増えている「病気」です。
生理の周期で右肩や背中、肩甲骨廻りに猛烈な凝りを感じている方がいましたら、ぜひ婦人科系の診察を受けてみて下さいね。

お互いに頑張りましょうね!
[PR]
by pugslife | 2010-06-20 01:24 | たぶん日記
ポリフェノールが人類を救うのだーっ!
f0122159_23495328.jpg

こちらはご存知、ウチのくぅちゃん。遊び盛りの甘えっこ。


f0122159_2350415.jpg

こちらは「なつこ」さん。人なつこい子になるようにという願いを込めて「なつこ」と名付けたそう。
かかりつけの動物病院のニューフェイス(飼い始めた)だ。手のひらに乗るくらいに小さくて可愛い。

なつこさんを見た時、くぅちゃんにそくりだ〜って思ったんだけど、こうして写真を並べてみると、さほど似ちゃいない。


f0122159_23501685.jpg

アメリカン・チェリーって、昔よりも味が薄くなったような気がするのはワタシだけ?

ピクノジェノール+コエンザイムQ10を飲み始めて2週間ほどになるが、このサプリが体質にとても合うようで、効果が実感出来るのが嬉しくてならない。
まず、今回の生理期間では肺に穴は開いていない(と思う。レントゲンは撮っていないが。)。開きそうな感じがあったのだが、皮一枚で繋がっていたような?右胸・肩甲骨周り・右脇腹に痛みが走りそうな気配があるにはあったが、うずく程度で痛みにはならなかった。
それに、横隔膜あたりに感じていた「ポコポコ グジュグジュ」とした音が消えつつある。ほとんど消えている。

不思議だ。サプリだけで、こんなにも状態が好転するものなのだろうか?
あまりにも効きすぎて、ちょっと怖い(笑)。

ピクノジェノールが子宮内膜症に良いとされているのは、強い抗酸化作用で内膜症の症状を緩和させ、なおかつ内膜症で傷ついた組織を修復する作用があるからだ。
また、ピクノジェノールはコエンザイム Q10と一緒に摂ると、お互いの相乗効果でより効果が発揮されるのだ。

ここでふと思い出したのだが、サプリメント以外にも「抗酸化作用」のある食品を積極的に摂るようになっている。例えば、豆乳。
豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」が女性ホルモンに似た作用があり、体内に入ると、あたかも女性ホルモンのように振る舞うと知り、だったら本来自分の身体が出すべき女性ホルモンが少なくなるのでは?と思い飲み始めたのだ。あながち間違ってはいないようで、豆乳を摂る人の方が内膜症を発症し難いとかなんとかネットで見た(ただし生理周期に変動あり。これも良く知られていることだそうだ)。
そして嬉しことに、豆乳にはイソフラボン以外にも身体に有効な要素があったのだ!そう、サポニン。
サポニンは活性酸素を直接撃退する働きと、体内の抗酸化作用を助ける作用とかあるそう!
大豆イソフラボンに期待して飲み始めた豆乳だが、抗酸化作用も期待出来るなんて嬉しい限り。

それと、クランベリー・ジュース。
この酸味が好きで、気がむくと買って飲んでいたのだが、肺に穴が開いてからは意識して飲むようになっている。クランベリージュースもまた、強い抗酸化作用のある食品として知られているのだ。

そう、抗酸化作用=ポリフェノールを摂り始めたことで、ピクノジェノール(フランス南西部にのみ生息する松の木のポリフェノール)の働きをより強くしているのだろう。
ワタシは「月経随伴性気胸」とは診断されていないし、腫瘍マーカーでの内膜症の数値は陰性なのだが、内膜症を緩和させるサプリメント(ポリフェノール)を積極的に摂ることで、症状がだいぶ良くなってきていると思う。
豆乳+クランベリー・ジュース、そしてピクノジェノールは、ワタシの今後の生活に欠かせないものになりそうだ。あ!!!そういや、黒豆茶も身体に良いと勧められて飛びつき、今日から飲み始めているんだ(笑)。これもまたポリフェノール(アントシアニン)たっぷりなんだってね!

ビバ!ポリフェノール♪


[PR]
by pugslife | 2010-06-07 01:22 | たぶん日記
韓流ファンってワケじゃーないのだが。
f0122159_043398.jpg

5月には韓国へ行く予定だった(苦笑)。
自業自得とはいえ、体調不良でキャンセルとなった韓国旅行。。。


f0122159_044433.jpg

大久保界隈で気を紛らわす(笑)。


f0122159_045774.jpg

ホトックは「はちみつ味」が好き。
冷めるとカチカチに固くなっちゃうけど、オーブントースターで焼き直すと、めちゃ美味いんだ。


f0122159_05624.jpg

これはチャプチェ・ホトックね。お餅のような生地の中に具材が入ってるんだよね。
「お焼き」のような、素朴なおやつ。


f0122159_051750.jpg

ん〜。韓国風味満点。
素朴な疑問だが、やはり北と南とでは「言葉」が違うのだろうか?


f0122159_052714.jpg

学生時代は良く来ていた街・大久保。
あの頃とはすっかり様変わりしてしまい、当時の面影は微塵もない。
。。。と思っていたのは表通りだけで、裏に入ると懐かしい風景に出合ったりする。


f0122159_075764.jpg

韓流ファンってワケじゃーないし、まさか自分が韓流にハマるとは思ってもいなかったのだが、このドラマにはすっかりハマっている(苦笑)。

どうなる?ヒョンジュン。毎回目が離せなーーーいっ!

イ・ビョンフォンは、容姿端麗で演技力もバツグン。もの凄くカッコイイ。
まさかまさか、本当にまさか自分が韓流ファンになるとは思ってもいなかったのだが、イ・ビョンフォンにはすっかりハートを鷲掴みにされているワタシだ(笑)。

え?でもワタシは韓流ファンではないよ(笑)。イ・ビョンフォンが好きなだけだよ(苦笑)。
[PR]
by pugslife | 2010-05-06 00:27 | たぶん日記
益子へ 春の陶器市
f0122159_1671887.jpg

いま「益子」がアツい。

若い世代や外国人が移り住み、陶芸をはじめとする創作活動が注目されている「栃木の田舎町」。
テレビや雑誌等で特集が組まれる度に、ぜひ一度行ってみたいと気になっていたのです。

「益子」の観光サイトを見ると、どうやら春の陶芸市なるものが開催されているようす。
よっし!この連休中に行ってみますか!

上の写真は、starnetという食材のセレクトショップ(という表現で良いのかどうか?)&カフェのお店。
とても面白いお店ですよ。食材やカフェ以外にもホームウェアやギャラリー等も併設されていました。「益子」のアンテナショップとでも言ったら良いのかしら?
昔ながらの手法で作られているパネムのパン(イタリアパン 卸専門、または予約販売)もこちらで入手出来ます。


f0122159_1673842.jpg

さてさて、いざ陶器市のメイン会場へ。
益子の駅前から真っすぐのびる「益子本通り」が、どうやら陶器市のメインストリート。


f0122159_1675088.jpg

この会場の近くの駐車場に車を停め、歩きはじめます。
本通り沿いのあちこちに、こうした大小の会場が展開されています。
楽し〜いっ!!
f0122159_1684698.jpg

一昔前までは、益子の焼き物というと「地味」「無骨」「田舎くさい」といったような感じでしたが、今はだいぶ洗練された作風のものが多くなったようです。

実はワタシの親戚筋が「栃木近辺」に集中していましてね。昔から益子焼には馴染みがありましたし、実家の普段使いの食器に「益子」のものは沢山ありました。
でも、どれもこれも「無骨」な感じなんだったんですよ。なんつーかシャレっけがないというか、素っ気ないというか。

ところが。
益子に行ってみてビックリしました。若い世代向けの陶器類、多数あり!
参加開催している人達、若い世代が多い!外国人が多い!すっごく活気がある!!
こうした陶器市は中年〜シニア世代のイベントのように感じていましたが、いやいや、とても活気あるイベントで、とても楽し〜いっ。


f0122159_169551.jpg

多数あるテントや会場を渡り歩くのに夢中で、陶器類の写真を撮るのを忘れていました。。。
しかも、すっごい人・人・人!大人気ですよ〜。

これは昔ながらの益子焼って感じ?植木鉢やらなんやら。
f0122159_1691727.jpg

「カエル」のモチーフは、我が家の植え込みに置いたら可愛いかも〜!と思っていたんだけど、けっきょく買うのを忘れてしまった!次回は、ぜひっ!


f0122159_1692751.jpg

本通り沿いには、こうしたテーブルを出す店がたくさんあって、食べたり飲んだりする場所にも事欠かなかったですよ。


f0122159_1693732.jpg

本通りから一本裏手に入った古民家にて。
この履物、筍の皮で作ったんですって!


f0122159_1695186.jpg

同じく、この古民家にて。
「お祭り騒ぎに乗じてオープンしています」って感じのごく普通の民家にて頂いたプレートランチ。「パスタとスパニッシュ・オムレツとガーリック・トーストとザワークラフト」。
なんてことない、まったく特徴のないプレートランチに見えますが、どれもこれも、いちいち美味しかった!特に、ジャガイモが入ったスパニッシュ・オムレツは、見た目よりもジューシーで、味わい深かった。ごちそうさまで〜す。


f0122159_161054.jpg

デザートには、「ストロベリーフィールズ」のジェラートを。
すっごくフレッシュで美味しかった〜〜〜っ!


f0122159_16101616.jpg

本通り沿いのお店。


f0122159_16102531.jpg

見学しませんでしたが、、、染織展、やってました。


f0122159_16104145.jpg

お土産に「とちおとめ」を。
やはり大きな粒のほうが旨味も多く詰まっているようで美味しい。


f0122159_16105113.jpg

初めて訪れた「益子」。とっても楽しかったですね〜。
街の人達みんなで開催しているんだ、って感じが伝わってきました。

次回、秋の陶器市は11月3日から11月7日まで開催されるそうです。
川崎の我が家から約3時間。日常からちょっと離れて「日帰り出来る里」として、とても良い距離感が気に入りました。今回見きれなかった観光スポットもありますし、秋にまた訪れたいなって思っています。

ありがとう、益子の皆さん。
とても楽しい一日でした。
[PR]
by pugslife | 2010-05-03 17:22 | たぶん日記
やっぱり月経随伴性気胸では。。。?
f0122159_1462834.jpg

布団に上で寝返る くぅちゃん。
2歳になるというのに、やはりまだ身体が小さく、痩せっぽちだ。

初めて「気胸」と診断されてから今の今まで、まだ1ヶ月経っていないのが嘘のよう。もう何年も「気胸」とつきあっているような気がする。。。

4月20日 火曜日。2回目の外来診察の日。
CTの結果、K岡先生から「異常なし」と聞かされた時、異常がないなんてことはない、絶対に違うと思った。
「また首も背中も胸も痛いんです!」
と言ったのだが、写真には何も写っていないとのことだった。

ド素人診断(ワタシ)では、ワタシのこの気胸の症状は「月経随伴性気胸」と言われるもので、生理時に気胸を起こすのが特徴だ。
ほとんどの場合が右肺に発症し、右側の首・肩・背中に「酷い肩こり」のような痛みが走り、肺が圧迫されるような動き(上体の体勢を変えるとき)をすると乾いた咳が「ゲホッ!」と出る。

前回、気胸の自覚症状があったのが「生理が始まって10日目(つまりほとんど生理は終わっている)」。 猛烈な痛みになったのが「生理10日目」であって、痛みや違和感は生理と同時か、その前からあった。
そして4/22日 木曜日、生理が始まって10日目の木曜。
右肺(右脇腹)に引きつるような痛みが走り、首が回らないくらいの「肩こり痛」が始まった。
あぁ、背中一面がカッチカチ、岩のように固くて重たい。
首を少し動かすだけで、稲妻のような激痛が走る。
起床時、床から上体を起こしたときに「ゲホっ!」と乾いた咳。

絶対にヤヴァイなって思った。
火曜日にK岡先生に診てもらったばかりなのだが、また診察してもらおう。。。

4月23日 金曜日 半日休をとり、玉川病院へ。
今日は、ワタシが急患でドレーンを挿入した時の「栗◯先生」が担当と知り、内心ホっとした。
というのも、実は前回&前々回担当して頂いた★●先生には、ワタシの言いたいことが全く伝わらない。
今回は、3週間ぶりに「栗◯先生」だ。とても嬉しい。

レントゲンの結果は「気胸再発」。
(3日前のCTの結果は「異常なし」だったのに!)
栗◯先生の所見では、今度こそ「月経随伴性気胸」の疑いが濃いとのこと。
気胸外科から婦人科へ回され、一通りの婦人科検査と「腫瘍マーカー」の採血をした。
結果はゴールデンウィーク明けだ。

今回の気胸はまだ軽症なので、ドレーンは挿入せず、安静にして様子見だ。
安静にしているだけで大丈夫なのかなぁと思わなくもないが、おそらく既に発症していたであろう今年2月にイタリアへ行って死ななかったので、激しい運動などは避ける程度で大丈夫なのだろう。

とはいえ、肺に穴が開いているというのに、何故にオットは家事をしないのだろう?
犬の散歩と洗濯物をたたむことは自分の仕事のように思ってくれてはいるが、その他のことは何もしない。お願いすれば「してくれる」が、自ら進んでやろうとはしない。
単に気がつかないだけだと思うが、絶望的な気持ちになる。

まだしばらくは通院が続きそうだ。
この際、身体の隅々まで診てもらおうっと。
[PR]
by pugslife | 2010-04-25 14:22 | たぶん日記
人生一寸先は闇ってか?近所に花見で気分転換!
f0122159_129429.jpg

イタリア旅行から2ヶ月が過ぎようとしたある日。

乾いた咳と息切れ、背中の痛みが気になり、病院へ行ったところ
「気胸」と診断され、緊急処置を施した。
(気胸とは、簡単に言うと、肺に穴が開いて空気漏れしている状態)

いま思い返すと、イタリア旅行時に既に発症していたように思う。。。背中の鈍痛は常に感じていたし(肩こりに似ている)、とにかく疲労感が激しかった。

これまでの人生、幸いにも健康面には恵まれ、旅行を計画する際に,
これと言って気にかける点は何もなくやってこれた。

ある意味、本当にラッキーだったのだと思う。

気胸発症に気圧の変化が少なからず影響していることから、
今年5月の韓国旅行、9月のシリア・ヨルダン旅行をキャンセルせざるを得なく、
ブルーな日々がほんの1週間ほど続いたが。。。(苦笑)?!

まぁ、花見にでも行って気分転換しようぜぃ!!


f0122159_1210429.jpg

気胸を発症し、肺にドレナージを差し込んで過ごすこと1週間。

身体の中の猛烈な異物感にも慣れた頃、近所の公園の桜も見頃となった。

我が家の近所では「梶ヶ谷公園」の桜がそりゃもう素晴らしかったり、たまプラの途沿いや鷺沼の駅界隈の桜も本当に見事で、ただドライブしているだけでも心が躍ります。

以前は犬連れで駒沢公園等にも花見に出掛けたものですが、今年はワタシの肺の穴が気になる事ですし、手っ取り早く「近所の公園(笑)」で桜見物です。

ご近所さんがビールやら焼き鳥やらを持参して繰り出しており、とても和やかな雰囲気だった。


f0122159_12102535.jpg

この週末が一番の見頃なのだろう。

蒼い空と桜のピンク色のコントラストが眩しいっ!


f0122159_12105487.jpg

誰かが忘れていった野球ボール。

なんていうか、ひとりぼっちの哀愁を感じた(笑)。

ボールを見ながら、
これからは健康面にもっと気を遣わなければイカンなぁ。。。
っていうか、これまで丸っきり気を遣っていなかったことを反省する(笑)。

ピアス以外で自分の身体に穴を開けたのは初めてで、そのショックでしばらく落ち込んでいたのが、たとえ再発したとしても、その場で七転八倒するほどの事態には陥らないであろうという想像もつきホッとしている。

この先、飛行機に乗る度にヒヤヒヤしそうだが、医師曰く「出発時に発症(治療中)していなければ大丈夫」とのこと。
どこへ行こうとも、現地では絶対に無理をしないこと。
胸や背中に痛みを感じたら、なるべくホテルで安静にしていること。
ゆっくりと深い深呼吸を心がける事。
そして何よりもこの先の人生で「禁煙」すること。と、アドバイスを頂いた。

禁煙は、意外にもすんなりと受け入れられている。いまんとこ吸いたいとも思わない。
っていうか今回の気胸発症は、ワタシにタバコを止めさせるほど肝を冷やした事件ってことで(笑)。
まぁ、中年女性が気胸発症した場合、婦人科系統が原因にあることが多い、とも言う。
ここらで一度立ち止まって、メンテナンスしなくちゃなー。


f0122159_12112144.jpg

やっぱり花より団子でしょうか?

センター北のノースポート内にあるフードコートの「オムそば」は、いつも行列が出来る人気店。

ふわふわとろーりな卵の中に、甘めのソースが絡んだ焼きそばがぎっしり。

お〜いし〜いっ!

美味しいものでお腹を満たしたら、不思議と心も軽くなり、
「人生一寸先は闇だけど、転ばぬ先の杖という言葉もあるし、今年予定していた旅行費用は全て「自分メンテナンス」の費用にしよう。今年は自分メンテナンスに費やそう!」と決意を新たにする!

あぁ、でもやっぱどこかへ行きたい(笑)。


[PR]
by pugslife | 2010-04-11 12:25 | たぶん日記
しんしんと。
f0122159_2256483.jpg

天気予報通り、今夜は雪になりましたね。

明日の出勤を考えると憂鬱ですが、一方で、この景色を楽しんでいるワタシです。
[PR]
by pugslife | 2010-02-01 23:02 | たぶん日記
あらためてマイケルを偲んで This Is It
「This Is It」がDVDで発売になった。
昨年12月の中頃に劇場で観て以来、発売になる日を心待ちにしていたのだが、旅行の準備やら何やらでお金を出し渋り(笑)、予約するに至らず発売の日を迎えてしまった。

ああぁ〜観たいっ!また観たい!何度でも観たい!



追悼式でマドンナが言っていた。
「彼を見捨てたのは私達だ」と。
好奇の目にさらされ、メディアに弄ばれ、彼はどんどん孤立していった。
そうしたのは「私達だ」と。

劇場で「This Is It」を観た時、正直驚いてしまったし、同時に感激した。
なぜなら、歌もダンスも年齢を重ねるにつれ、研ぎすまされたように感じたからだ。
エレガントなのにパワフル、繊細なのに大胆。全てがピンポイントで無駄がない。
ずっとずっと観ていたい「舞台裏」に感動した。120%完璧な舞台裏だった。
そして、彼の舞台裏はこれが最後なんだと思うと、無性に寂しくなった。

ありがとう、マイケル。
あなたのこと、ずっと忘れない。
[PR]
by pugslife | 2010-01-29 00:48 | たぶん日記
ガイドブック
f0122159_21514238.jpg

旅のガイドブックは、本屋で立ち読むのも買いあさるのも好きです。
[PR]
by pugslife | 2010-01-12 21:59 | たぶん日記