<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
お茶とミントと通院記録
f0122159_22571158.jpg

単身赴任の義兄宅を訪れる為、北京に行ったから、お茶のお土産をたくさん頂きました。


ありがとう、
これまでにも色んなお茶を頂いているのですが、今回のお茶はまた格別に美味しい〜!
とにかく香りが良いんです。


f0122159_22572377.jpg

写真の花茶(ジャスミンティー)は、目にも楽しいお茶なんですよ。
沸騰したお湯に浸けておくと、3段に連なった花が写真のように浮かび上がってくるんです。
ウチだけで楽しむのは勿体ないので、お客様が来た時までとっておこうと思う。

そうそう、通院記録を記しておかねば。
次回の予約は12月24日なのだが、更年期のホルモン補充療法(HRT)で飲み始めた薬の副作用が気になり始めて、急遽主治医に相談に行ってみたのだ。

11月26日。金曜日。五反田のK東病院・婦人科の受付にて。
薬のことで相談があるので予約を入れていないのだが主治医に会えるかと聞いたところ、予約なしの場合は午前中のみの受付になります。とのこと。
K東病院のホームページで「予約なし」で診察を受ける場合について予め調べておいたのだが、受付が言うような記載はなかったのだが。。。
「いまなら患者さんがいらっしゃらないので、すぐに診てあげると先生がおっしゃっています」
あぁ、良かった。ダメもとで来たので、ダメなら引き返す覚悟はしていたのだ。


f0122159_22574622.jpg

姉宅の黒プードル、ミント。生後5ヶ月に入ったんだっけ?
だいぶ遊び上手になってきており、子犬らしい仕草のいちいちが可愛くて愛おしくて。
まだまだ身体が小さいくて細っこいんだけど、あっという間に育ってしまうんだろうなぁ。。。

ワタシが感じている症状が「HRTによる副作用」なのか、それとも更年期特有の症状なのか分からない。
分からないけれど、分からないまま薬を飲むのは嫌だなと思った。
だってHRTを始める前に副作用について聞いたところ、
「副作用はないよぉ〜」と、妙にくだけた言い方で主治医が言っていたのがひっかっかって。
いや、ワタシの主治医。決して高圧的な人ではないんだけど、方言なのか何なのか、言葉の語尾が強いのだ。
それが彼のごく普通の話口調なのだ。その彼が妙にしなを作って「ないよ〜ぉ」とか「〜だよ〜ぉ」と言うときは、決まって何か隠している時(笑)。
いま感じている症状、頭痛・浮腫み・分泌物について報告し、それが副作用であろうがなかろうが、とりわけ「頭痛」については我慢が出来ないので薬が欲しいと言ったら
「出血はしていない?」だって!なに?出血する人もいるワケ?
術前に飲んでいたホルモン剤にしろ、HRTのホルモン剤にしろ、副作用のないホルモン剤などないのだと承知しているけれど、副作用はないと言われたのに「ある」と心配じゃんかっ!
と主治医に言ったところ、これまた薄ら笑いを浮かべながらスルーされた。
まぁいいさ。予め説明されなくとも、出される薬に関してはいちいちネットで調べているし。ってことを、主治医はとっくに気がついているし(笑)。

「頭痛にはロキソニンを。薬だらけになっちゃうけど、浮腫みが辛いなら漢方の利尿剤も出しとくよ。飲む飲まないは好きにすればいい。」そして帰り際、
「今年はもう有給がなかったんじゃないの?」と、妙に細かいこちらの事情を覚えていてビックリさせられたのだが、今度はこちらがスルーした。

この診察から二日後の今日、出血があった。
こんな風に出るいろんな症状に、そのうち慣らされていくのだろう。
でも悪いことばかりじゃない。あんなに辛かったホットフラッシュがだいぶ緩和されているのだから。
[PR]
by pugslife | 2010-11-29 00:08 | たぶん日記
パグとバウムと通院記録
f0122159_21594663.jpg

バウムって、いつからこんなに大きくなったんだろう?
最近のバウムは、薪のように縦に割ったような形のものもある。昔ながらの普遍的なお菓子のようでいて、ちょっとずつ進化しているのが面白い。


f0122159_220137.jpg

チャー子も前のめり気味で興味津々。

11月12日は、月に一度の通院日だった。
術後1ヶ月半(ディナゲスト休薬から2ヶ月半)が過ぎても生理が来ず、かわりに更年期障害特有の症状であるホットフラッシュがが目立ち始めたことを主治医に告げたところ、女性ホルモンの検査をしてみようということになった。閉経してしまった可能性がなきにしもあらず…だ。
左側卵巣摘出手術の際、右側卵巣が正常な状態であるかどうか、癒着が激しくて確認できなかったそうだ。それでも当初の予定通り左側卵巣は全摘となったため、右側卵巣が機能していなければ、人工的に閉経させてしまったということになる。
仮に、閉経したならば、今後気胸を起こす危険性からは解放されたということになるが、あくまでも人工的な閉経の為、急激なエストロゲン減少に身体が対応しきれず、更年期の症状が強く出ていると考えられるそうだ。
更年期の症状を緩和させるホルモン剤(プレマリン+プロベラ)を処方してもらったが、副作用が怖く、実はまだ服用していない。主治医は「副作用はないよ〜」と言っていたが。。。

薬を服用することによって、ホットフラッシュはかなり軽減されるらしいので、明日から飲み始めてみよう。。。!
[PR]
by pugslife | 2010-11-16 22:27 | パグの生活/スコの生活