<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
やっぱり月経随伴性気胸では。。。?
f0122159_1462834.jpg

布団に上で寝返る くぅちゃん。
2歳になるというのに、やはりまだ身体が小さく、痩せっぽちだ。

初めて「気胸」と診断されてから今の今まで、まだ1ヶ月経っていないのが嘘のよう。もう何年も「気胸」とつきあっているような気がする。。。

4月20日 火曜日。2回目の外来診察の日。
CTの結果、K岡先生から「異常なし」と聞かされた時、異常がないなんてことはない、絶対に違うと思った。
「また首も背中も胸も痛いんです!」
と言ったのだが、写真には何も写っていないとのことだった。

ド素人診断(ワタシ)では、ワタシのこの気胸の症状は「月経随伴性気胸」と言われるもので、生理時に気胸を起こすのが特徴だ。
ほとんどの場合が右肺に発症し、右側の首・肩・背中に「酷い肩こり」のような痛みが走り、肺が圧迫されるような動き(上体の体勢を変えるとき)をすると乾いた咳が「ゲホッ!」と出る。

前回、気胸の自覚症状があったのが「生理が始まって10日目(つまりほとんど生理は終わっている)」。 猛烈な痛みになったのが「生理10日目」であって、痛みや違和感は生理と同時か、その前からあった。
そして4/22日 木曜日、生理が始まって10日目の木曜。
右肺(右脇腹)に引きつるような痛みが走り、首が回らないくらいの「肩こり痛」が始まった。
あぁ、背中一面がカッチカチ、岩のように固くて重たい。
首を少し動かすだけで、稲妻のような激痛が走る。
起床時、床から上体を起こしたときに「ゲホっ!」と乾いた咳。

絶対にヤヴァイなって思った。
火曜日にK岡先生に診てもらったばかりなのだが、また診察してもらおう。。。

4月23日 金曜日 半日休をとり、玉川病院へ。
今日は、ワタシが急患でドレーンを挿入した時の「栗◯先生」が担当と知り、内心ホっとした。
というのも、実は前回&前々回担当して頂いた★●先生には、ワタシの言いたいことが全く伝わらない。
今回は、3週間ぶりに「栗◯先生」だ。とても嬉しい。

レントゲンの結果は「気胸再発」。
(3日前のCTの結果は「異常なし」だったのに!)
栗◯先生の所見では、今度こそ「月経随伴性気胸」の疑いが濃いとのこと。
気胸外科から婦人科へ回され、一通りの婦人科検査と「腫瘍マーカー」の採血をした。
結果はゴールデンウィーク明けだ。

今回の気胸はまだ軽症なので、ドレーンは挿入せず、安静にして様子見だ。
安静にしているだけで大丈夫なのかなぁと思わなくもないが、おそらく既に発症していたであろう今年2月にイタリアへ行って死ななかったので、激しい運動などは避ける程度で大丈夫なのだろう。

とはいえ、肺に穴が開いているというのに、何故にオットは家事をしないのだろう?
犬の散歩と洗濯物をたたむことは自分の仕事のように思ってくれてはいるが、その他のことは何もしない。お願いすれば「してくれる」が、自ら進んでやろうとはしない。
単に気がつかないだけだと思うが、絶望的な気持ちになる。

まだしばらくは通院が続きそうだ。
この際、身体の隅々まで診てもらおうっと。
[PR]
by pugslife | 2010-04-25 14:22 | たぶん日記
人生一寸先は闇ってか?近所に花見で気分転換!
f0122159_129429.jpg

イタリア旅行から2ヶ月が過ぎようとしたある日。

乾いた咳と息切れ、背中の痛みが気になり、病院へ行ったところ
「気胸」と診断され、緊急処置を施した。
(気胸とは、簡単に言うと、肺に穴が開いて空気漏れしている状態)

いま思い返すと、イタリア旅行時に既に発症していたように思う。。。背中の鈍痛は常に感じていたし(肩こりに似ている)、とにかく疲労感が激しかった。

これまでの人生、幸いにも健康面には恵まれ、旅行を計画する際に,
これと言って気にかける点は何もなくやってこれた。

ある意味、本当にラッキーだったのだと思う。

気胸発症に気圧の変化が少なからず影響していることから、
今年5月の韓国旅行、9月のシリア・ヨルダン旅行をキャンセルせざるを得なく、
ブルーな日々がほんの1週間ほど続いたが。。。(苦笑)?!

まぁ、花見にでも行って気分転換しようぜぃ!!


f0122159_1210429.jpg

気胸を発症し、肺にドレナージを差し込んで過ごすこと1週間。

身体の中の猛烈な異物感にも慣れた頃、近所の公園の桜も見頃となった。

我が家の近所では「梶ヶ谷公園」の桜がそりゃもう素晴らしかったり、たまプラの途沿いや鷺沼の駅界隈の桜も本当に見事で、ただドライブしているだけでも心が躍ります。

以前は犬連れで駒沢公園等にも花見に出掛けたものですが、今年はワタシの肺の穴が気になる事ですし、手っ取り早く「近所の公園(笑)」で桜見物です。

ご近所さんがビールやら焼き鳥やらを持参して繰り出しており、とても和やかな雰囲気だった。


f0122159_12102535.jpg

この週末が一番の見頃なのだろう。

蒼い空と桜のピンク色のコントラストが眩しいっ!


f0122159_12105487.jpg

誰かが忘れていった野球ボール。

なんていうか、ひとりぼっちの哀愁を感じた(笑)。

ボールを見ながら、
これからは健康面にもっと気を遣わなければイカンなぁ。。。
っていうか、これまで丸っきり気を遣っていなかったことを反省する(笑)。

ピアス以外で自分の身体に穴を開けたのは初めてで、そのショックでしばらく落ち込んでいたのが、たとえ再発したとしても、その場で七転八倒するほどの事態には陥らないであろうという想像もつきホッとしている。

この先、飛行機に乗る度にヒヤヒヤしそうだが、医師曰く「出発時に発症(治療中)していなければ大丈夫」とのこと。
どこへ行こうとも、現地では絶対に無理をしないこと。
胸や背中に痛みを感じたら、なるべくホテルで安静にしていること。
ゆっくりと深い深呼吸を心がける事。
そして何よりもこの先の人生で「禁煙」すること。と、アドバイスを頂いた。

禁煙は、意外にもすんなりと受け入れられている。いまんとこ吸いたいとも思わない。
っていうか今回の気胸発症は、ワタシにタバコを止めさせるほど肝を冷やした事件ってことで(笑)。
まぁ、中年女性が気胸発症した場合、婦人科系統が原因にあることが多い、とも言う。
ここらで一度立ち止まって、メンテナンスしなくちゃなー。


f0122159_12112144.jpg

やっぱり花より団子でしょうか?

センター北のノースポート内にあるフードコートの「オムそば」は、いつも行列が出来る人気店。

ふわふわとろーりな卵の中に、甘めのソースが絡んだ焼きそばがぎっしり。

お〜いし〜いっ!

美味しいものでお腹を満たしたら、不思議と心も軽くなり、
「人生一寸先は闇だけど、転ばぬ先の杖という言葉もあるし、今年予定していた旅行費用は全て「自分メンテナンス」の費用にしよう。今年は自分メンテナンスに費やそう!」と決意を新たにする!

あぁ、でもやっぱどこかへ行きたい(笑)。


[PR]
by pugslife | 2010-04-11 12:25 | たぶん日記
近況報告
f0122159_23342933.jpg

最近すっかり旅行記ブログのようになっていたが、ここらで気持ちも新たに子供達などを撮る。

イタリア旅行の最中、ペットホテルで相当なストレスを溜め込んだか?と想像していたのが、意外や意外、くぅちゃんはすぐに日常を取り戻した。
そして、以前にも増して甘えん坊になった(笑)。
毎日毎日、ワタシの後をトコトコと追ってくる姿がいじらしい。。。


f0122159_23342047.jpg

チャー子はなんだか一気に老けたように思えた(いまは元気ハツラツ)。
いくら通い慣れた動物病院(ペットホテル兼)とはいえ、ずっとそこで過ごすのは相当なストレスだったのだと思う。
「ごめんよ、チャー子」
やっぱり、二人して家を空けるのは、4〜5日までが限界のようだね。

。。。というワケで(笑)、春は女友達と隣国へ、夏は中東一人旅を計画中(笑)。
どちらも初めて訪れる(ワタシにとっては)未開の地だけに、楽しみもひとしお♪
その前に、体力つけよーーっと。
[PR]
by pugslife | 2010-04-01 00:19 | パグの生活/スコの生活