<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
memorial vol.26
f0122159_236642.jpg

[PR]
by pugslife | 2008-01-25 23:05 | パグの生活/スコの生活
memorial vol.25
f0122159_2325511.jpg

[PR]
by pugslife | 2008-01-21 23:02 | メモリアル
珈琲袋の内容について
f0122159_1250471.jpg


金曜の夜、発送を済ませました。
そろそろ応募頂いた皆さんのお宅に届いた頃かなぁ。。。?

今回が初めてという方々と、2回目の方々とでは内容がちょっとだけ違うんですよ。
各150グラムずつ、4種類を1セットにして送らせて頂きました。

○mocha・blend:コクと甘味と香りの良さを意識してブレンド。モカ・コロンビア・ガテマラ・ホンジュラスを使用。酸味は極力控えめで、まろやかな珈琲を目指して作ってみました。濃いめに淹れてミルクたっぷりでも美味しいかな?

○blend no.3:珈琲らしい酸味と苦味のバランスの良さを意識してブレンド。タンザニア・コロンビア・ガテマラ・ホンジュラスを使用。薄めにサラっと淹れても珈琲の味がしっかり味わえるかな〜?って思っていますが。。。(笑)。ワタシが三番目に完成させたブレンドなのでno.3です(笑)。

○タンザニア(キリマンジャロ):タンザニアの特徴である酸味と苦味がきっちり味わえる様、深炒りの手前で炒り止めています。スーパーや量販店のタンザニアは酸っぱくて生臭くて飲めないんですが、自分で手網焙煎するようになってから好きになり、今では一番好きな豆になりました。でもやはり他店のタンザニアは飲めません。。。

○グァテマラ:数ある珈琲豆の中で、特に香りが際立っているのがグァテマラだと思います。この香りだけでドーナツ3個くらい食べられそうです(笑)。芳醇な香り。まさにそんな形容。酸味も苦味もバランス良くまろやかですが、モカと比べるとシャープな印象です。

○マンデリン:本来ならば深炒りにして、まったりとした甘味とまろやかさを楽しむ豆なんでしょうけど(極深炒りにしてアイスコーヒーにしますよね)、炒り止めが若干早かったせいか、やや酸味が立っています。が、これはこれで美味しいと思ったので、2回目の応募の方々に送らせて頂きました。

しばらくのあいだウチの珈琲の香りが皆さんのお宅でも漂うのね〜って思うと、ドキドキしますねぇ。
気に入って頂けたら嬉しいけれど、もちろん辛口の批評も大歓迎です。
なんといっても素人の焙煎ですもん。みなさんの意見を参考に、勉強させて頂きますよ(笑)。


f0122159_12493045.jpg

[PR]
by pugslife | 2008-01-21 13:52 | コーヒー・ジャンキー
コーノ式珈琲塾(中級編)
f0122159_14521587.jpg


コーノ式珈琲塾/中級編に参加して来ました!
今回も非常に濃い内容で、この二日間は何から何まで勉強になることばかりでした。
12月の初級クラスでご一緒した皆さんとの再会も嬉しかったですね。
「あの方も今回一緒なんだ!」って、見覚えのある顔を発見しては、一方的に親近感を覚えたりしてね。てへ。
まずはお決まり?の「何度見ても萌える外観」を御覧下さい(笑)。

f0122159_14523614.jpg<セミナー初日>
中級クラスは朝から10キロ釜で焙煎しまくりと聞き、浮き足立ってしまうワタシ達。
とはいえ、前回のセミナーからこの1ヶ月間、焙煎機に触れる機会などなく過ごしてきたワタシ達なので、みな初回の焙煎は行程を思い出しながらの手探り状態。
でも2回目からはよどみなく作業を進めることが出来、みな抱え切れない程の珈琲豆を焙煎しました。

焙煎の行程に慣れた人達は、アドバイザーさん達の意見を参考にしながら、豆の特徴を活かすような焙煎レシピを自分でアレンジしたりしてました。
焙煎機の取り扱いで精一杯のワタシには、一歩もニ歩も差をつけられてしまったように感じたりして。。。くぅ〜〜!

<石光商事(株)松本氏による講議>
午後3時からの2時間は、石光商事(株)の松本氏を迎え、珈琲豆の解説や珈琲業界の現状および今後の展望についてのセミナーがありました。
と〜っても濃い内容で、珈琲豆の基本知識から特徴に始まり、お客さまに珈琲豆の特徴を伝える際の表現方法や参考にすべき書籍類などの解説がありました。

この後、珈琲塾では盛大に新年会が催された模様(笑)。
うちら夫婦は時間的経済的理由で欠席です。。。残念!


f0122159_14525655.jpg
<セミナー2日目>
2日目は、初めてのサイフォンと初めての5キロ釜に挑戦!
初めてづくしでヘロヘロになっちゃいました(笑)。
それにしても、サイフォンで煎れた珈琲って美味しい!

そして午後からはハンドドリップ抽出のおさらいです。
写真の奥に鎮座されているのが珈琲塾の塾長であり、珈琲サイフォン(株)の社長である河野氏です。
とっても気さくで可愛らしい(?)社長さんです。体調を崩されていたようですが、参加者全員を廻っては声を掛けて下さいました。お身体の具合は如何ですか?大事になさって下さいね。


f0122159_14532825.jpg<Reels/西洋釣具珈琲店>にて

2日間のセミナーで充実した時間を過ごしたうちら夫婦。
2日目の帰りに、珈琲塾では在庫上購入出来なかったサイフォン一式を求め、<Reels/西洋釣具珈琲店>に寄りました。「サイフォンの練習をしたい!」という一心で。

今回は閉店直後に顔を出すという非常に迷惑な客(うちら)であったにも関わらず、とっても快く迎え入れて頂きました。ありがとうございました、マスター!
そのうえ珈琲に関する様々なアドバイスを頂いてしまいました。ここで過ごした数時間もワタシ達にとっては貴重な時間となりました。職人のようにキリっと鋭い眼光になったかと思うと、少年のように目をキラキラと輝かせながら無邪気に話すマスターの表情は、ずっと見ていても飽きません(笑)。いやー、もうねぇ、ホントに魅力的なマスターで、ワタシら夫婦はすっかりマスターのファンになってしまいました(笑)。

都営荒川線・鬼子母神前駅の真ん前に位置する<Reels/西洋釣具珈琲店>。店内から垣間見られる都営線の風景がどこか懐かしくて長閑な雰囲気で、ついつい長居してしまいます。すっきりと綺麗でモダンな店内に、マスターの趣味であるという釣具が飾られ、これまでの喫茶店のイメージとはまた違った雰囲気も楽しめます。
なんと我家からは車で30分程度(道が空いてたから?)なので、美味しい珈琲が飲みたくなった時には駆けつけたいと思っています!


f0122159_14545937.jpg<Reels/西洋釣具珈琲店>で購入したサイフォン。一昔前のモデルだそうですが、ガラスの厚みやぽってりとした姿が気に入りました。

さて。ここまで読んでくれた方々に朗報です(笑)。
今回もまたプレゼント企画を実施します。
コーノ式に改造された10キロ釜で焙煎した豆を、御希望の方々に無料で差し上げたいと思います。
御応募の条件は以下の通り

●豆は挽かずに豆のまま送らせて頂きます
●送料は負担して下さい(おそらく宅急便になります:送料600円位?)
○苦情は一切受け付けません(笑)!

以上です。
今回もまた「コーノ式に改造された釜でレシピのまま焙煎」していますので、そこらの自家焙煎店よりもぐんと美味しく風味が長もちする豆だと思っています。
ちなみにコーノ式改造釜で焙煎した豆は、焙煎後3日間は寝かせて熟成?させるのがポイントで、室内のあまり温度変化がない場所(たとえば冷蔵庫の野菜室)に置いて下されば1ヶ月〜2ヶ月は美味しく飲めます。
とはいえ珈琲豆は農作物ですし、あまり長く置いておきたくないので、今回も早い者勝ちにさせて頂きます。

必ず鍵コメ(コメント記入欄の左下「非公開コメント」にチェックをいれて!)にて

住所 連絡先 氏名 


をご記入下さい。
締めきりは今週の金曜日を予定していますが、応募者数によって変動ありです(笑)。


発送の都合上、金曜の正午で締め切らせて頂きました。
御応募頂いたみなさま、ありがとうございました!お楽しみに! 

[PR]
by pugslife | 2008-01-14 17:32 | コーヒー・ジャンキー
ごあいさつ
f0122159_0481889.jpg

(チャー子)綺麗なリボンを首に巻いて御満悦っすよ。

f0122159_0483626.jpg

そしてみなさん、(お礼が遅くなりましたが)ありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

<予告>
この週末、またしても珈琲豆を焙煎しに出掛けます。
上手に焙煎出来たら(そして大量に焙煎出来たら)またプレゼント企画を催しますよ!
[PR]
by pugslife | 2008-01-11 00:54