カテゴリ:たぶん日記( 71 )
益子へ 春の陶器市
f0122159_1671887.jpg

いま「益子」がアツい。

若い世代や外国人が移り住み、陶芸をはじめとする創作活動が注目されている「栃木の田舎町」。
テレビや雑誌等で特集が組まれる度に、ぜひ一度行ってみたいと気になっていたのです。

「益子」の観光サイトを見ると、どうやら春の陶芸市なるものが開催されているようす。
よっし!この連休中に行ってみますか!

上の写真は、starnetという食材のセレクトショップ(という表現で良いのかどうか?)&カフェのお店。
とても面白いお店ですよ。食材やカフェ以外にもホームウェアやギャラリー等も併設されていました。「益子」のアンテナショップとでも言ったら良いのかしら?
昔ながらの手法で作られているパネムのパン(イタリアパン 卸専門、または予約販売)もこちらで入手出来ます。


f0122159_1673842.jpg

さてさて、いざ陶器市のメイン会場へ。
益子の駅前から真っすぐのびる「益子本通り」が、どうやら陶器市のメインストリート。


f0122159_1675088.jpg

この会場の近くの駐車場に車を停め、歩きはじめます。
本通り沿いのあちこちに、こうした大小の会場が展開されています。
楽し〜いっ!!
f0122159_1684698.jpg

一昔前までは、益子の焼き物というと「地味」「無骨」「田舎くさい」といったような感じでしたが、今はだいぶ洗練された作風のものが多くなったようです。

実はワタシの親戚筋が「栃木近辺」に集中していましてね。昔から益子焼には馴染みがありましたし、実家の普段使いの食器に「益子」のものは沢山ありました。
でも、どれもこれも「無骨」な感じなんだったんですよ。なんつーかシャレっけがないというか、素っ気ないというか。

ところが。
益子に行ってみてビックリしました。若い世代向けの陶器類、多数あり!
参加開催している人達、若い世代が多い!外国人が多い!すっごく活気がある!!
こうした陶器市は中年〜シニア世代のイベントのように感じていましたが、いやいや、とても活気あるイベントで、とても楽し〜いっ。


f0122159_169551.jpg

多数あるテントや会場を渡り歩くのに夢中で、陶器類の写真を撮るのを忘れていました。。。
しかも、すっごい人・人・人!大人気ですよ〜。

これは昔ながらの益子焼って感じ?植木鉢やらなんやら。
f0122159_1691727.jpg

「カエル」のモチーフは、我が家の植え込みに置いたら可愛いかも〜!と思っていたんだけど、けっきょく買うのを忘れてしまった!次回は、ぜひっ!


f0122159_1692751.jpg

本通り沿いには、こうしたテーブルを出す店がたくさんあって、食べたり飲んだりする場所にも事欠かなかったですよ。


f0122159_1693732.jpg

本通りから一本裏手に入った古民家にて。
この履物、筍の皮で作ったんですって!


f0122159_1695186.jpg

同じく、この古民家にて。
「お祭り騒ぎに乗じてオープンしています」って感じのごく普通の民家にて頂いたプレートランチ。「パスタとスパニッシュ・オムレツとガーリック・トーストとザワークラフト」。
なんてことない、まったく特徴のないプレートランチに見えますが、どれもこれも、いちいち美味しかった!特に、ジャガイモが入ったスパニッシュ・オムレツは、見た目よりもジューシーで、味わい深かった。ごちそうさまで〜す。


f0122159_161054.jpg

デザートには、「ストロベリーフィールズ」のジェラートを。
すっごくフレッシュで美味しかった〜〜〜っ!


f0122159_16101616.jpg

本通り沿いのお店。


f0122159_16102531.jpg

見学しませんでしたが、、、染織展、やってました。


f0122159_16104145.jpg

お土産に「とちおとめ」を。
やはり大きな粒のほうが旨味も多く詰まっているようで美味しい。


f0122159_16105113.jpg

初めて訪れた「益子」。とっても楽しかったですね〜。
街の人達みんなで開催しているんだ、って感じが伝わってきました。

次回、秋の陶器市は11月3日から11月7日まで開催されるそうです。
川崎の我が家から約3時間。日常からちょっと離れて「日帰り出来る里」として、とても良い距離感が気に入りました。今回見きれなかった観光スポットもありますし、秋にまた訪れたいなって思っています。

ありがとう、益子の皆さん。
とても楽しい一日でした。
[PR]
by pugslife | 2010-05-03 17:22 | たぶん日記
やっぱり月経随伴性気胸では。。。?
f0122159_1462834.jpg

布団に上で寝返る くぅちゃん。
2歳になるというのに、やはりまだ身体が小さく、痩せっぽちだ。

初めて「気胸」と診断されてから今の今まで、まだ1ヶ月経っていないのが嘘のよう。もう何年も「気胸」とつきあっているような気がする。。。

4月20日 火曜日。2回目の外来診察の日。
CTの結果、K岡先生から「異常なし」と聞かされた時、異常がないなんてことはない、絶対に違うと思った。
「また首も背中も胸も痛いんです!」
と言ったのだが、写真には何も写っていないとのことだった。

ド素人診断(ワタシ)では、ワタシのこの気胸の症状は「月経随伴性気胸」と言われるもので、生理時に気胸を起こすのが特徴だ。
ほとんどの場合が右肺に発症し、右側の首・肩・背中に「酷い肩こり」のような痛みが走り、肺が圧迫されるような動き(上体の体勢を変えるとき)をすると乾いた咳が「ゲホッ!」と出る。

前回、気胸の自覚症状があったのが「生理が始まって10日目(つまりほとんど生理は終わっている)」。 猛烈な痛みになったのが「生理10日目」であって、痛みや違和感は生理と同時か、その前からあった。
そして4/22日 木曜日、生理が始まって10日目の木曜。
右肺(右脇腹)に引きつるような痛みが走り、首が回らないくらいの「肩こり痛」が始まった。
あぁ、背中一面がカッチカチ、岩のように固くて重たい。
首を少し動かすだけで、稲妻のような激痛が走る。
起床時、床から上体を起こしたときに「ゲホっ!」と乾いた咳。

絶対にヤヴァイなって思った。
火曜日にK岡先生に診てもらったばかりなのだが、また診察してもらおう。。。

4月23日 金曜日 半日休をとり、玉川病院へ。
今日は、ワタシが急患でドレーンを挿入した時の「栗◯先生」が担当と知り、内心ホっとした。
というのも、実は前回&前々回担当して頂いた★●先生には、ワタシの言いたいことが全く伝わらない。
今回は、3週間ぶりに「栗◯先生」だ。とても嬉しい。

レントゲンの結果は「気胸再発」。
(3日前のCTの結果は「異常なし」だったのに!)
栗◯先生の所見では、今度こそ「月経随伴性気胸」の疑いが濃いとのこと。
気胸外科から婦人科へ回され、一通りの婦人科検査と「腫瘍マーカー」の採血をした。
結果はゴールデンウィーク明けだ。

今回の気胸はまだ軽症なので、ドレーンは挿入せず、安静にして様子見だ。
安静にしているだけで大丈夫なのかなぁと思わなくもないが、おそらく既に発症していたであろう今年2月にイタリアへ行って死ななかったので、激しい運動などは避ける程度で大丈夫なのだろう。

とはいえ、肺に穴が開いているというのに、何故にオットは家事をしないのだろう?
犬の散歩と洗濯物をたたむことは自分の仕事のように思ってくれてはいるが、その他のことは何もしない。お願いすれば「してくれる」が、自ら進んでやろうとはしない。
単に気がつかないだけだと思うが、絶望的な気持ちになる。

まだしばらくは通院が続きそうだ。
この際、身体の隅々まで診てもらおうっと。
[PR]
by pugslife | 2010-04-25 14:22 | たぶん日記
人生一寸先は闇ってか?近所に花見で気分転換!
f0122159_129429.jpg

イタリア旅行から2ヶ月が過ぎようとしたある日。

乾いた咳と息切れ、背中の痛みが気になり、病院へ行ったところ
「気胸」と診断され、緊急処置を施した。
(気胸とは、簡単に言うと、肺に穴が開いて空気漏れしている状態)

いま思い返すと、イタリア旅行時に既に発症していたように思う。。。背中の鈍痛は常に感じていたし(肩こりに似ている)、とにかく疲労感が激しかった。

これまでの人生、幸いにも健康面には恵まれ、旅行を計画する際に,
これと言って気にかける点は何もなくやってこれた。

ある意味、本当にラッキーだったのだと思う。

気胸発症に気圧の変化が少なからず影響していることから、
今年5月の韓国旅行、9月のシリア・ヨルダン旅行をキャンセルせざるを得なく、
ブルーな日々がほんの1週間ほど続いたが。。。(苦笑)?!

まぁ、花見にでも行って気分転換しようぜぃ!!


f0122159_1210429.jpg

気胸を発症し、肺にドレナージを差し込んで過ごすこと1週間。

身体の中の猛烈な異物感にも慣れた頃、近所の公園の桜も見頃となった。

我が家の近所では「梶ヶ谷公園」の桜がそりゃもう素晴らしかったり、たまプラの途沿いや鷺沼の駅界隈の桜も本当に見事で、ただドライブしているだけでも心が躍ります。

以前は犬連れで駒沢公園等にも花見に出掛けたものですが、今年はワタシの肺の穴が気になる事ですし、手っ取り早く「近所の公園(笑)」で桜見物です。

ご近所さんがビールやら焼き鳥やらを持参して繰り出しており、とても和やかな雰囲気だった。


f0122159_12102535.jpg

この週末が一番の見頃なのだろう。

蒼い空と桜のピンク色のコントラストが眩しいっ!


f0122159_12105487.jpg

誰かが忘れていった野球ボール。

なんていうか、ひとりぼっちの哀愁を感じた(笑)。

ボールを見ながら、
これからは健康面にもっと気を遣わなければイカンなぁ。。。
っていうか、これまで丸っきり気を遣っていなかったことを反省する(笑)。

ピアス以外で自分の身体に穴を開けたのは初めてで、そのショックでしばらく落ち込んでいたのが、たとえ再発したとしても、その場で七転八倒するほどの事態には陥らないであろうという想像もつきホッとしている。

この先、飛行機に乗る度にヒヤヒヤしそうだが、医師曰く「出発時に発症(治療中)していなければ大丈夫」とのこと。
どこへ行こうとも、現地では絶対に無理をしないこと。
胸や背中に痛みを感じたら、なるべくホテルで安静にしていること。
ゆっくりと深い深呼吸を心がける事。
そして何よりもこの先の人生で「禁煙」すること。と、アドバイスを頂いた。

禁煙は、意外にもすんなりと受け入れられている。いまんとこ吸いたいとも思わない。
っていうか今回の気胸発症は、ワタシにタバコを止めさせるほど肝を冷やした事件ってことで(笑)。
まぁ、中年女性が気胸発症した場合、婦人科系統が原因にあることが多い、とも言う。
ここらで一度立ち止まって、メンテナンスしなくちゃなー。


f0122159_12112144.jpg

やっぱり花より団子でしょうか?

センター北のノースポート内にあるフードコートの「オムそば」は、いつも行列が出来る人気店。

ふわふわとろーりな卵の中に、甘めのソースが絡んだ焼きそばがぎっしり。

お〜いし〜いっ!

美味しいものでお腹を満たしたら、不思議と心も軽くなり、
「人生一寸先は闇だけど、転ばぬ先の杖という言葉もあるし、今年予定していた旅行費用は全て「自分メンテナンス」の費用にしよう。今年は自分メンテナンスに費やそう!」と決意を新たにする!

あぁ、でもやっぱどこかへ行きたい(笑)。


[PR]
by pugslife | 2010-04-11 12:25 | たぶん日記
しんしんと。
f0122159_2256483.jpg

天気予報通り、今夜は雪になりましたね。

明日の出勤を考えると憂鬱ですが、一方で、この景色を楽しんでいるワタシです。
[PR]
by pugslife | 2010-02-01 23:02 | たぶん日記
あらためてマイケルを偲んで This Is It
「This Is It」がDVDで発売になった。
昨年12月の中頃に劇場で観て以来、発売になる日を心待ちにしていたのだが、旅行の準備やら何やらでお金を出し渋り(笑)、予約するに至らず発売の日を迎えてしまった。

ああぁ〜観たいっ!また観たい!何度でも観たい!



追悼式でマドンナが言っていた。
「彼を見捨てたのは私達だ」と。
好奇の目にさらされ、メディアに弄ばれ、彼はどんどん孤立していった。
そうしたのは「私達だ」と。

劇場で「This Is It」を観た時、正直驚いてしまったし、同時に感激した。
なぜなら、歌もダンスも年齢を重ねるにつれ、研ぎすまされたように感じたからだ。
エレガントなのにパワフル、繊細なのに大胆。全てがピンポイントで無駄がない。
ずっとずっと観ていたい「舞台裏」に感動した。120%完璧な舞台裏だった。
そして、彼の舞台裏はこれが最後なんだと思うと、無性に寂しくなった。

ありがとう、マイケル。
あなたのこと、ずっと忘れない。
[PR]
by pugslife | 2010-01-29 00:48 | たぶん日記
ガイドブック
f0122159_21514238.jpg

旅のガイドブックは、本屋で立ち読むのも買いあさるのも好きです。
[PR]
by pugslife | 2010-01-12 21:59 | たぶん日記
この三連休。。。
f0122159_23223574.jpg

3ヶ月くらい前の くぅちゃん。
なんだかやたらキリっとした顔に写っているけど、実際はまだまだあどけない顔をしている。
ほとほと写真映りの悪いコだなぁ。。。(笑)。


f0122159_2316173.jpg

母の四十九日&納骨を終え、ホッとした三連休の初日。
ここまで気が張っていたのか、納骨が済んだとたんに熱を出し寝込みました。
でも三連休中で良かったかも。2月に連休を頂くので、ここで体調を悪くして休むワケにはいかないからね。

そういえば三連休中に誕生日を迎えました。
オットが「あざみ野」の「アン・プチ・パケ」でケーキを買ってきてくれました。


f0122159_23161314.jpg

ワタシにはイチゴのケーキを。
スポンジ部分にピスタチオと思われるシロモノが混ぜ込んであって、普通のイチゴショートとはひと味もふた味も違っていました。
ピスタチオの香ばしさとイチゴが不思議にマッチしていたのは、クリームにも仕掛けがあるからだろうね。
さすがだ。職人さんが作ったケーキを頂いた、という満足感に満足(笑)!


f0122159_2322315.jpg

オットが自分用に選んだのは、クルミが香ばしいナッツのケーキ。
バームクーヘンみたいな層になっていて、スポンジ/クリーム/ガナッシュのコントラストが綺麗。しかも見た目ほど重たい感じではなく、フンワリ軽い食感なのがまた良い。
珈琲との相性もバツグンに良かったです。

あ。そうそう。
珈琲といえば、もちろん今年初の焙煎もしましたよ。
今年もまた珈琲に関することを掘り下げてゆきたいと思っています。


f0122159_23222647.jpg

久々に登場、チャー子さん。
一日の終わりにこのコを小脇に抱え、すーピー鳴ってる鼻息を聞くと、本当に安らぎます。
くぅちゃんのおもちゃが大のお気に入りで、くぅちゃんと一緒になって遊んでいる姿がたまらなく愛しい。
という親バカぶりに我ながら苦笑(笑)。

さて。
昨年9月のバルセロナ旅行がまだ記憶に鮮明なまま、来月また旅に出ます。
行きたい国は山ほどあり、「ここ!」と決まるまでは迷いまくりますね。でも行き先さえ決まってしまえば、後は成り行きでなんとかなる?
航空券やホテルやらを手配したまでは早かったのですが、いまは国際免許証の申請とレンタカー、各名所での予約券等を手配中。あ!成田の駐車場。。。!
あぁっ!新幹線の予約もせねば。。。と、まだまだやることは山ほどあり。。。
出発はまだまだ先と思っていたけれど、もう1ヶ月切ってしったんですよ、ホントに早いものです。


[PR]
by pugslife | 2010-01-12 00:04 | たぶん日記
2010年の始まりです♪
f0122159_22283738.jpg

皆さん、この年末年始は如何お過ごしでしたでしょう?

写真は、大掃除の合間に食べに出掛けた「スシロー」のお寿司(笑)。
回転寿司ながら、なかなか美味しいので、近所のスシロはいつも大混雑です。

喪中の我が家は、クリスマスも大晦日も正月もナシ。
特に大晦日から元旦にかけては、オットが仕事(しかも宿直)だったので、よりいっそう「特別感」がなかったですね。ここまで静かな年末年始は、人生初かも。


f0122159_22285485.jpg

ひとりの大晦日は、もちろんこのコ達と過ごしました。
最近買ってあげたオモチャがお気に入りの くぅちゃん。
先日、予防接種で久しぶりにネコ病院へ行ったのですが、1年前から500グラムしか体重が増えていなかった為、「もう少し太らせて体力をつけてあげて下さいね」だって。
長毛なので分かり難いのですが、くぅちゃんは3キロにも満たない小柄な子。
たくさん遊んでたくさん食べて、元気な子になれ(今もじゅうぶん元気ですが)!


f0122159_2229655.jpg

1月に夫婦揃って誕生日を迎えるのですが、今年は特別な催しは一切ナシ。ナッシング〜。
というのも、実は2月にニシダ家は大イベントを企画しておりましてね。
(喪中ということもありますが)クリスマスのケーキも、大晦日のエビ天のっけ年越し蕎麦も、正月のおせち&ご馳走&お餅やらなんやら、全てを我慢したのは「2月の大イベント」を盛大に過ごすという目的があるからです。

でも、あまりにも何もないのも寂しいので、オットの誕生日に「好きなケーキ」を一個ずつ頂きました。写真は、ワタシが大好きな「サバラン」です。お酒がひたひたに浸ったこのケーキ。完食する頃には、ほろ酔い気分になったりして?珈琲との相性もバツグンなので、本当に好きですね〜。
ただ、サバランを置いてる店って、年々少なくなってきてますよね。
このサバランは、溝ノ口の「丸井」に入っているFLOで買ったもの。美味しかった〜!

今年の抱負
☆ 美味しいものを沢山食べよう(笑)。
★ 好奇心を満たす旅に出よう
☆ 英語の学習をしよう
★ チャー子&くぅちゃんと沢山遊ぼう
☆ 生きる糧!何よりも仕事を頑張ろう!
★ 無駄遣いを減らそう
☆ ういたお金で旅に出よう。。。

言い出したらキリがないですね(笑)。みなさん、今年もどうぞよろしくお願いします。


[PR]
by pugslife | 2010-01-04 22:58 | たぶん日記
近況報告
f0122159_1172525.jpg

母があの世に旅立って1ヶ月が過ぎました。
11月21日に息を引き取ってから今日まで、なんだかあっという間に過ぎてしまった。

クリスマスも過ぎ、もう年末年始へ秒読み段階ですね。
みなさん、お元気でしたか?

とうとうワタシは両親とも亡くしてしまいましたが、不思議なもので、故人は亡くなってからのほうが身近に感じますね。心の中で毎日両親に声を掛けています。
両親とも「寿命」というにはあまりにも早く病院からあの世へと旅立ち、いま思う事。

「人生を楽しもう」です。
やはりソレです(笑)。その一言に尽きます。
経験と思い出、それにまつわる「感動」だけが、あの世へ持っていける「宝」だと感じています。
とまぁ、そんな思いにカコつけて。。。(笑)?
母の四十九日&納骨が済んだら、またちょっと外回りして来ます。
詳細は、追々。
[PR]
by pugslife | 2009-12-26 02:01 | たぶん日記
学園祭
f0122159_1373431.jpg

晴天の10月末日。
姉に誘われ、甥っ子の学園祭に行って来ました。


f0122159_138424.jpg

キャンパスに入ってすぐの広場では、演奏会が行われていました。
この演奏会が学園祭のオープニングを飾るイベントだったよう。


f0122159_1381510.jpg

中庭で開催されていたフリマにて。
チア姿のお嬢さん達、可愛いね!


f0122159_1382960.jpg

模擬店で腹ごしらえ。頂いたのは、写真の焼きそばとトッポギです。
焼きそばは少々緩い味(笑)。
韓国からの留学生達が作ったトッポギは、ガツン!とパンチのある辛さが利いていました。
美味しかったです〜。


f0122159_1384079.jpg

色とりどりの風船を飛ばすイベントがありました。
甥っ子が通う大学は少々奥まった場所にあるせいか?大学近辺に住むジモティの参加が目立ちました〜。


f0122159_138508.jpg

帰りがけ、キャンパスにある教会に立ち寄りました。


f0122159_139095.jpg

内部はモダンな造りです。
このアールが綺麗な弧を描いていました。


f0122159_1391546.jpg

ステンドグラスも現代的な造りです。
教会って良いですよね。少し緊張感ある静けさが、かえって心地よく感じられる不思議な空間。

この後、二子玉川まで帰り、買い物や食事をしましたが。。。
食事中の会話で、父が亡くなった10数年前の話になり、取り返しのつかない言葉を発してしまいました。いま振り返っても苦しいばかりで、あの時間だけ切り取ってしまいたいくらい。

自分でも分からないのだが、当時の話になると、何かに取り憑かれたように攻撃的になってしまう自分がいる。いまの自分は「当時の自分あってこそ」で、微塵の後悔もないし、いまの自分にも十分納得しているつもりだ。
でも何故でなんだろう?なぜ当時の話になると、あんなにも攻撃的になってしまうのだろう?
本当に不思議だ。自分でも分からないので、なおさら苦しい。

一駅先に姉が降りた後、涙がどっと溢れ、泣きながら電車に乗り続けた。
苦しくて苦しくて真っすぐ帰宅出来ず、駅前のファーストフード店で休んでからやっと帰宅。苦しさは翌日も癒えず、その次の日には体調を崩してしまった。きっと罰があたったんだ。

猛烈な勢いで仏壇に線香を焚きまくった。
お父さんに「助けて」と言いながら。。。
[PR]
by pugslife | 2009-11-04 02:22 | たぶん日記