カテゴリ:たぶん日記( 71 )
現実的な現実逃避、それは。。。
f0122159_0185738.jpg

写真:07.02.2010 MILANO ITALY

遠い異国を想像すると、それだけで心が軽くなってくる。

心の空虚を埋めるものは人それぞれだが、それが「異国への憧れ=冒険」であるという点で、ワタシはとても現実的に趣味を楽しんでいるのだろうと思う。

。。。っていうか、現実的に現実逃避が出来る実に安直な手段=海外旅行(笑)。
死ぬまでに何カ国廻れるか。挑戦です。
[PR]
by pugslife | 2010-08-18 00:44 | たぶん日記
再び、旅の計画なんぞを。。。
f0122159_213223.jpg

先日、姉宅にお邪魔したところ、不思議な物体に遭遇した。
コレ、みんな知ってるのかしら?知らなかったのはウチらだけ?
どうやらいま、巷で大人気の「空気清浄機」だそうだ。
お香やアロマオイルの煙った香りとは違い、なんとも瑞々しい空気感が気に入ってしまい、ネットで探してみたんだけど、けっこうなお値段するのよね。。。(苦笑)。

それはともかく。
このまま何の変更もなければ、9月最終週に入院→手術って予定なんだけど、最近の体調の良さでジっとしていられず(笑)、気がつけばマウスを握る手で航空券の予約をしてしまったワタシ。。。
9月23日出発〜26日帰国、翌日から入院→手術って具合。
現地で体調が崩れてもすぐに帰国できるよう、訪問地は隣国の「韓国」だよ〜。同じ時期にソウルに行く予定がある方、現地でご飯でもご一緒しましょ〜よ〜!


f0122159_2131383.jpg

こう暑いと、冷たいものばかり摂りがち。気がつくと身体が冷えきっていて。。。!
気をつけなきゃなーと思いつつ、ついつい手が出る「冷たいもの」。

そういや、黄体ホルモン剤/ディナゲストを服用して本日で44日目。
相変わらず胸の張りだけが気になるが、他にこれといった副作用は感じない。
ピクノジェノールが守ってくれているのかな。。。?

ディナゲストのおかげで「気胸」も発症していない。
生理を止めることで気胸発症が防げているってことは、やっぱ「月経随伴性気胸」なんだろうなぁ。。。内膜症の数値が低くても、生理の度に気胸を起こしているのなら、真っ先に「月経随伴性気胸」を疑います、と薬を処方してくれた関東病院の先生にはホントに感謝だ。

しかしまぁ、いかんせホルモン剤なので、いつまで飲み続けられるか不安。
でもさ。一生飲み続ける必要なないのだ。閉経すれば、月経随伴性気胸の発症はなくなるんだから。

ワタシは、出来る限りギリギリまで肺に外科手術はしたくないと思っている。
なんの根拠もないのだが、高齢になった時に、外科手術したところが疼きそうで怖いのだ。


f0122159_2132489.jpg

「ナツコ、再び。」。
前回見た時よりも確実に大きくなっているように思う〜〜〜!

話が「夏休みの計画」に戻るけど。
どうやってソウルを遊び倒そうか?考えているだけで、めちゃ楽しくなってくる〜〜〜〜っ!
チムジルバンに行ってみたいし、頭皮やアンチエイジングのエステも受けた〜い。
世界遺産へも行きたいし、韓屋が残る界隈をもんびり散歩したい。伝統茶を飲むのも楽しみだ。
一人旅なので「鍋」とか「焼き肉」とかは無理だなぁ?

旅の勢いのまま、入院→手術ってのは、案外良いのかもしれない!そんな感じがしてきたぞっ!
[PR]
by pugslife | 2010-08-01 21:42 | たぶん日記
ディナゲスト服用1ヶ月が過ぎ。。。
f0122159_21132412.jpg

黄体モルモン剤/ディナゲスト服用し始めて、ちょうど1ヶ月だ。
心配していた副作用は「胸の張り」ぐらいで、他に副作用はまだ感じられない。
半年とか1年とか長期にわたって服用し続けると、何か発症してくるのかもしれないなぁ。。。

と、まだ発症してもいない副作用を心配しても仕方がない(笑)。
それにワタシには、ピクノジェノール(写真)という強い味方が付いているんだしね。
ピクノジェノールは、飲み始めてから3ヶ月だ。コレなくしては、居られないワタシです。


f0122159_2113374.jpg

甘っ子 くぅちゃん。
鼻先のピンク色が可愛い。
[PR]
by pugslife | 2010-07-18 21:30 | たぶん日記
ある晴れた週末のドライブコース。
f0122159_22382661.jpg

ある晴れた週末。東京タワーを眺めながらドライブ。。。


f0122159_22383913.jpg

葛飾の立石バーガーを経由。。。


f0122159_223850100.jpg

当然、スカイツリーをも拝むことになる、というドライブコース。
新旧異なる美しさに感嘆。


[PR]
by pugslife | 2010-07-13 22:47 | たぶん日記
今年上半期で新たに作った診察券、5枚!
f0122159_23533545.jpg

題目の通り、今年上半期で作った診察券、5枚よ(苦笑)。
ってことは、つまり。今年初めて行った病院が「5カ所」ってことじゃん。
しかもだよ。今月中に新たに行かなきゃならん病院、2カ所あり(笑)。
こんなに短期間でたくさんの科にかかるのは人生初だわ。

でもって、今日も行って来たのさ、病院へ。
日曜でも診察している、鷺沼駅前の「耳鼻咽喉科」。2日前から左側の耳が痛くって、口を動かしたり咀嚼したり、つばを飲み込むのも痛い。
「こりゃ絶対に中耳炎だわー。もしくは、ディナゲストの副作用で耳に炎症を起こしたとか?」

。。。診察の結果、耳ではなく「歯」でした(苦笑)。
今さらだけど、親知らずが成長し始め、手前の歯や顎を圧迫している様子。
そうか、歯か。。。また新たに診察券が増えるな(笑)。


f0122159_2354426.jpg

この週末にハマリまくって、2日続けて食べてしまったブツ、チキンバーガー/ソルト&レモン!!
これ、美味しいね〜。すごくビックリした。だってワタシ、マックのバーガーを美味しいと思ったことが一度もなかったから。
そんなワタシが「コレ、ちょっと食べてみたいかも?」と思い、実際に食べてみて「うっ美味い!」と絶賛。
チキンの皮はパリっとしてて、噛み切ると中からジュワ〜と肉汁がっ!
レタスとオニオンに絡んだソースは旨味たっぷり〜〜〜。また食べたくなりそうだけど、たぶんコレが最後よ、最後(笑)。デブまっしぐらだし(笑)。


f0122159_23541666.jpg

4月に人生初の気胸を発症して以来、新たに始めたことの一つ。
玄米フレークに、グラノーラ、バナナ、クコの実をトッピング。豆乳をかけて食べるようにしている。これまでの朝食は「パン」だった。トーストにコーヒー、ヨーグルトね。
でも気胸を発症して以来、食べ物が身体を作るんだっていう当たり前のことが骨身に沁みてね(笑)。
サプリメントを摂り、食べ物を意識して選ぶようになってから、体調は格段に良くなってきているのに、なんで診察券が毎月増えるんだろ〜〜〜〜〜〜?
まぁ、これまでのツケがまわって来てるんだろうな(苦笑)。

今年後半も身体メンテナンスを中心とした生活になりそうですな。ま、身体にガタが来てるお年頃ってことで、ひとつヨロシク。
[PR]
by pugslife | 2010-07-05 00:41 | たぶん日記
五反田のK東病院へ転院〜ディナゲスト初日
f0122159_23555215.jpg

人生初の気胸を発症してから2ヶ月が過ぎた。まだ2ヶ月だ。もう何年も過ぎているように感じているが。。。苦笑。

この2ヶ月の間に婦人科の検査をしたのだが、左側の卵巣に5センチ程度の水疱があるくらいで、他に悪い要素は見つからなかった。3種類の腫瘍マーカーはどれも正常値だし、CTやMRIにも悪い影は何も写っていないそうだ。
ただ、卵巣に出来た水疱は手術適応の大きさに育ってしまっているとのこと。世田谷の病院は内視鏡手術の適応がない(婦人科)ので、これを機に、健康保険組合の冠となっている五反田のK東病院へ転院することにした。

K東病院・婦人科にて、エコーによる診察と持参したMRIの写真などを重ね合わせた結果、腹腔鏡手術を勧められ、その場で予約を入れて来た。手術は非常に込み合っていて、早くても9月末になるそうだ。それでも幸いなことに、夏期休暇が取れるぎりぎりの期間。迷わず、間髪入れずに「お願いします」と言っていた。

卵巣に出来た水疱自体に緊急性はないが、生理の周期で肺に穴が開く以上、腫瘍マーカーの数値が正常の範囲内でも内膜症を疑います。と担当のK藤先生。
手術までの3ヶ月間、内科的アプローチとして「ディナゲスト」を服用することになった。
そう、ホルモン剤です。更年期障害のような副作用が心配だったりするのだが、世田谷の病院では内科的アプローチは一切なかったので、逆に新鮮な感じ(苦笑)。
そう、これが治療ってもんよ(苦笑)。

ディナゲストを飲み始めるのはタイミングが肝心なのだが、幸か不幸かワタシはこの日、診察台の上で生理を迎えたのだ(笑)。しかも先生に指摘されるまで気がつかなかった(笑)。
あぁ、恥ずかしい!
でも、これが先生の気持ちを動かしたのだ。生理が始まったばかり=ディナゲスト服用開始時なのだから。
「手術までの期間、試しに飲んでみい?」って、提案し易かったのだろう。

ディナゲスト服用初日の今日。たった1日で副作用なんて。。。って侮っていた。
左の胸(リンパの辺りかな?)が猛烈に張っている。筋肉痛?ってくらい。
ピクノジェノール&コエンザイムQ10は更年期障害にも効くことで有名、しかもディナゲストと飲み合わせても大丈夫とのことなので、サプリはこのまま続けてみるつもりだ。

多少の更年期障害が出ても、それで肺に穴が開かずに済むなら。。。!
飲む薬やサプリが増えたとしても、出来る限りギリギリの所まで、肺に外科的アプローチはしたくない。
あと数年で閉経を迎える年齢なので、なおさらだ。

月経随伴性気胸は、近年、罹患者数が急激に増えている「病気」です。
生理の周期で右肩や背中、肩甲骨廻りに猛烈な凝りを感じている方がいましたら、ぜひ婦人科系の診察を受けてみて下さいね。

お互いに頑張りましょうね!
[PR]
by pugslife | 2010-06-20 01:24 | たぶん日記
ポリフェノールが人類を救うのだーっ!
f0122159_23495328.jpg

こちらはご存知、ウチのくぅちゃん。遊び盛りの甘えっこ。


f0122159_2350415.jpg

こちらは「なつこ」さん。人なつこい子になるようにという願いを込めて「なつこ」と名付けたそう。
かかりつけの動物病院のニューフェイス(飼い始めた)だ。手のひらに乗るくらいに小さくて可愛い。

なつこさんを見た時、くぅちゃんにそくりだ〜って思ったんだけど、こうして写真を並べてみると、さほど似ちゃいない。


f0122159_23501685.jpg

アメリカン・チェリーって、昔よりも味が薄くなったような気がするのはワタシだけ?

ピクノジェノール+コエンザイムQ10を飲み始めて2週間ほどになるが、このサプリが体質にとても合うようで、効果が実感出来るのが嬉しくてならない。
まず、今回の生理期間では肺に穴は開いていない(と思う。レントゲンは撮っていないが。)。開きそうな感じがあったのだが、皮一枚で繋がっていたような?右胸・肩甲骨周り・右脇腹に痛みが走りそうな気配があるにはあったが、うずく程度で痛みにはならなかった。
それに、横隔膜あたりに感じていた「ポコポコ グジュグジュ」とした音が消えつつある。ほとんど消えている。

不思議だ。サプリだけで、こんなにも状態が好転するものなのだろうか?
あまりにも効きすぎて、ちょっと怖い(笑)。

ピクノジェノールが子宮内膜症に良いとされているのは、強い抗酸化作用で内膜症の症状を緩和させ、なおかつ内膜症で傷ついた組織を修復する作用があるからだ。
また、ピクノジェノールはコエンザイム Q10と一緒に摂ると、お互いの相乗効果でより効果が発揮されるのだ。

ここでふと思い出したのだが、サプリメント以外にも「抗酸化作用」のある食品を積極的に摂るようになっている。例えば、豆乳。
豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」が女性ホルモンに似た作用があり、体内に入ると、あたかも女性ホルモンのように振る舞うと知り、だったら本来自分の身体が出すべき女性ホルモンが少なくなるのでは?と思い飲み始めたのだ。あながち間違ってはいないようで、豆乳を摂る人の方が内膜症を発症し難いとかなんとかネットで見た(ただし生理周期に変動あり。これも良く知られていることだそうだ)。
そして嬉しことに、豆乳にはイソフラボン以外にも身体に有効な要素があったのだ!そう、サポニン。
サポニンは活性酸素を直接撃退する働きと、体内の抗酸化作用を助ける作用とかあるそう!
大豆イソフラボンに期待して飲み始めた豆乳だが、抗酸化作用も期待出来るなんて嬉しい限り。

それと、クランベリー・ジュース。
この酸味が好きで、気がむくと買って飲んでいたのだが、肺に穴が開いてからは意識して飲むようになっている。クランベリージュースもまた、強い抗酸化作用のある食品として知られているのだ。

そう、抗酸化作用=ポリフェノールを摂り始めたことで、ピクノジェノール(フランス南西部にのみ生息する松の木のポリフェノール)の働きをより強くしているのだろう。
ワタシは「月経随伴性気胸」とは診断されていないし、腫瘍マーカーでの内膜症の数値は陰性なのだが、内膜症を緩和させるサプリメント(ポリフェノール)を積極的に摂ることで、症状がだいぶ良くなってきていると思う。
豆乳+クランベリー・ジュース、そしてピクノジェノールは、ワタシの今後の生活に欠かせないものになりそうだ。あ!!!そういや、黒豆茶も身体に良いと勧められて飛びつき、今日から飲み始めているんだ(笑)。これもまたポリフェノール(アントシアニン)たっぷりなんだってね!

ビバ!ポリフェノール♪


[PR]
by pugslife | 2010-06-07 01:22 | たぶん日記
ピっくん。ワタシの救世主になってくれる?
f0122159_23372623.jpg

人生初の気胸発症を経験してから、そろそろ2ヶ月になろうとしている。
その間に1度再発し、いままた再発が心配な時期を迎えている。。。ふぅ(ためいき)。

上の写真は、最近飲み始めたばかりのサプリメント、ピクノジェノール(通称ピっくん)だ。
ピクノジェノールの抗酸化力は、コエンザイムQ10の約1000倍、ビタミンCの380倍、ビタミンEの170倍といわれており、さらにコエンザイムQ10と一緒に採ると、お互いに相乗効果でより強い
抗酸化作用が期待できるそう。
ピっくんには様々な効能があるが、ワタシが期待しているのは「子宮(異臓器)内膜症の抑制」。つまり、肺に穴が開くのを抑えてくれる作用を期待して飲み始めてみたのだ。

飲み始めてまだ4日目だが、気のせいか、なんとな〜く右肺が軽く感じられているのだ。肩や背中のコリも普段よりは軽い。
そしてイチバン驚いているのは、顔色が明るいこと。肌の調子、化粧のりが良い♪
そう、ピっくんの高い抗酸化作用は、美容にも高い効果が期待されていて、「飲む美容液」と言われている程だそうだ。
体内の抗酸化作用を期待して飲み始めたピっくんだが、美容にも良いなんて嬉しい限り〜!

価格が高いのがネックだが、最低でも3ヶ月は続けてみて、内膜症への効果が得られればと思っている。


f0122159_23373990.jpg

バラはそろそろ終末期。
この週末は、咲き終えた花がらを摘んであげた。
通りかかるご近所さんに「もう摘んじゃうなんて早いんじゃな〜い?」と惜しまれたが、早く摘むに越したことない。っちゅーか、散るまで咲かさせておくと掃除が面倒だし(笑)。


f0122159_2337527.jpg

今年も満開だったアンジェラ。
さぁ、これからが虫との闘いだーーーっ!


[PR]
by pugslife | 2010-05-31 00:11 | たぶん日記
5月24日は婦人科のMRIだーーーーーっ!
さてさて。
ここんとこ通院記録みたいになってるけど、自分への覚え書きってことで(苦笑)。
生理と気胸との因果関係を追求してゆくには、毎回の生理ごとに胸の具合を日付を追って克明に記してゆくとが大切だそうだ。データを積み上げてゆく事が、より確実な診断へと導いてくれるからだよね。
無精なワタシだが、自分の身体の為に、ブログに逐一記してゆこうと思う。

今回の腫瘍マーカー(内膜症)の数値は正常値だった。体内で内膜症を起こしている確立は低いということだ。といっても気は抜けない。内膜症の数値は低くても、内視鏡で肺の組織を採取すると内膜症の病理体が出る、というケースは珍しくないという。

悪い所があるなら積極的に治療したい。がんがん切って、どんどん取ってーーーっ!

って言いたい所だが、腫瘍マーカーでの数値が低い患者に、身体に負担がかかる手術はなるべくだったら避けたい、という医学者的意見もよく分かるんだ。
だって患部は「肺」だからね。。。無駄に傷つけてしまったら、その後の人生に大いに影響してくるだろうし。

今日のレントゲンで見た肺は、正常に膨らんでいた。2週間前に若干の気胸が見られたが、大丈夫だったようだ。気胸を起こしていない限り、気胸外科でやれることは何もない。
「また痛くなったら来てね〜〜〜」と言った感じで、呆気なく診察が終わった。

この後、婦人科へ移動。
「月経随伴性気胸」の疑いがあると、呼吸器外科と婦人科の両方で連携を組んで治療をしなければならない。けっこう大変だわ。
さっそく「生理と気胸」の因果関係について、先生から説明して頂いた。月経随伴性気胸については、呼吸器外科の先生よりも婦人科の先生の方が知識が深い、と実感した。
ん? 知識? いや、知識というか、話が手っ取り早いというか。
ワタシに発症した気胸が生理と関係があるとした場合、気胸発症を抑える内服薬(内科)的治療があるとしたら、それは「婦人科」になる。。。ってことかな?
子宮&卵巣の基礎的な診察をしたところ、卵巣膿腫の疑いが濃いとのことだ。
卵巣が5cmほど腫れているらしい。これが良性なのか悪性なのかを判断する為、腫瘍マーカー(卵巣)の為の採血をし、次回はMRIを撮ることになった。
造影剤を注入する(身体に負担がかかる)ので、午後の枠を予約したさ。
卵巣膿腫が気胸と関係しているかどうか(確立的には低いかと思われるけど)、いずれにせよ、身体のどこかに悪い部分が見つかったのは、ある意味良かったと思う。
どこも悪いところがないのに肺が潰れてたんじゃさ、潰れ損(つぶれぞん)な感じだもんね。

通院生活にも慣れて来たので、頑張ってガンガン通お〜う!
[PR]
by pugslife | 2010-05-06 21:06 | たぶん日記
韓流ファンってワケじゃーないのだが。
f0122159_043398.jpg

5月には韓国へ行く予定だった(苦笑)。
自業自得とはいえ、体調不良でキャンセルとなった韓国旅行。。。


f0122159_044433.jpg

大久保界隈で気を紛らわす(笑)。


f0122159_045774.jpg

ホトックは「はちみつ味」が好き。
冷めるとカチカチに固くなっちゃうけど、オーブントースターで焼き直すと、めちゃ美味いんだ。


f0122159_05624.jpg

これはチャプチェ・ホトックね。お餅のような生地の中に具材が入ってるんだよね。
「お焼き」のような、素朴なおやつ。


f0122159_051750.jpg

ん〜。韓国風味満点。
素朴な疑問だが、やはり北と南とでは「言葉」が違うのだろうか?


f0122159_052714.jpg

学生時代は良く来ていた街・大久保。
あの頃とはすっかり様変わりしてしまい、当時の面影は微塵もない。
。。。と思っていたのは表通りだけで、裏に入ると懐かしい風景に出合ったりする。


f0122159_075764.jpg

韓流ファンってワケじゃーないし、まさか自分が韓流にハマるとは思ってもいなかったのだが、このドラマにはすっかりハマっている(苦笑)。

どうなる?ヒョンジュン。毎回目が離せなーーーいっ!

イ・ビョンフォンは、容姿端麗で演技力もバツグン。もの凄くカッコイイ。
まさかまさか、本当にまさか自分が韓流ファンになるとは思ってもいなかったのだが、イ・ビョンフォンにはすっかりハートを鷲掴みにされているワタシだ(笑)。

え?でもワタシは韓流ファンではないよ(笑)。イ・ビョンフォンが好きなだけだよ(苦笑)。
[PR]
by pugslife | 2010-05-06 00:27 | たぶん日記