あらためてマイケルを偲んで This Is It
「This Is It」がDVDで発売になった。
昨年12月の中頃に劇場で観て以来、発売になる日を心待ちにしていたのだが、旅行の準備やら何やらでお金を出し渋り(笑)、予約するに至らず発売の日を迎えてしまった。

ああぁ〜観たいっ!また観たい!何度でも観たい!



追悼式でマドンナが言っていた。
「彼を見捨てたのは私達だ」と。
好奇の目にさらされ、メディアに弄ばれ、彼はどんどん孤立していった。
そうしたのは「私達だ」と。

劇場で「This Is It」を観た時、正直驚いてしまったし、同時に感激した。
なぜなら、歌もダンスも年齢を重ねるにつれ、研ぎすまされたように感じたからだ。
エレガントなのにパワフル、繊細なのに大胆。全てがピンポイントで無駄がない。
ずっとずっと観ていたい「舞台裏」に感動した。120%完璧な舞台裏だった。
そして、彼の舞台裏はこれが最後なんだと思うと、無性に寂しくなった。

ありがとう、マイケル。
あなたのこと、ずっと忘れない。
[PR]
by pugslife | 2010-01-29 00:48 | たぶん日記
<< この週末 寒さ緩む日 >>