学園祭
f0122159_1373431.jpg

晴天の10月末日。
姉に誘われ、甥っ子の学園祭に行って来ました。


f0122159_138424.jpg

キャンパスに入ってすぐの広場では、演奏会が行われていました。
この演奏会が学園祭のオープニングを飾るイベントだったよう。


f0122159_1381510.jpg

中庭で開催されていたフリマにて。
チア姿のお嬢さん達、可愛いね!


f0122159_1382960.jpg

模擬店で腹ごしらえ。頂いたのは、写真の焼きそばとトッポギです。
焼きそばは少々緩い味(笑)。
韓国からの留学生達が作ったトッポギは、ガツン!とパンチのある辛さが利いていました。
美味しかったです〜。


f0122159_1384079.jpg

色とりどりの風船を飛ばすイベントがありました。
甥っ子が通う大学は少々奥まった場所にあるせいか?大学近辺に住むジモティの参加が目立ちました〜。


f0122159_138508.jpg

帰りがけ、キャンパスにある教会に立ち寄りました。


f0122159_139095.jpg

内部はモダンな造りです。
このアールが綺麗な弧を描いていました。


f0122159_1391546.jpg

ステンドグラスも現代的な造りです。
教会って良いですよね。少し緊張感ある静けさが、かえって心地よく感じられる不思議な空間。

この後、二子玉川まで帰り、買い物や食事をしましたが。。。
食事中の会話で、父が亡くなった10数年前の話になり、取り返しのつかない言葉を発してしまいました。いま振り返っても苦しいばかりで、あの時間だけ切り取ってしまいたいくらい。

自分でも分からないのだが、当時の話になると、何かに取り憑かれたように攻撃的になってしまう自分がいる。いまの自分は「当時の自分あってこそ」で、微塵の後悔もないし、いまの自分にも十分納得しているつもりだ。
でも何故でなんだろう?なぜ当時の話になると、あんなにも攻撃的になってしまうのだろう?
本当に不思議だ。自分でも分からないので、なおさら苦しい。

一駅先に姉が降りた後、涙がどっと溢れ、泣きながら電車に乗り続けた。
苦しくて苦しくて真っすぐ帰宅出来ず、駅前のファーストフード店で休んでからやっと帰宅。苦しさは翌日も癒えず、その次の日には体調を崩してしまった。きっと罰があたったんだ。

猛烈な勢いで仏壇に線香を焚きまくった。
お父さんに「助けて」と言いながら。。。
[PR]
by pugslife | 2009-11-04 02:22 | たぶん日記
<< バルセロナ旅行記Index バルセロナ旅行記vol.13 ... >>